40代女性からの婚活相談!婚活しても好きになれる男性に出会えない!

こんにちは!
「大人の結婚応援サロン」婚活サポーターの川村ひろおです。

40代50代以上の方向けの結婚相談所の婚活サポーターをしていると、大人ならではのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。

婚活をしている方は、同じような悩みで悩んでいる方も多いので、参考にしていただきたいと思います。

【質問】Uさん、42才女性。

婚活をしていてたくさんの人に出会いましたが、好きになれる人がいません。

いい人だなって思える人はいるのですが、服装がイマイチだったり、顔が微妙だったりして、どうしても好きになることができません。

でも、会社の先輩(既婚者)の人がカッコイイなって思ったり、イケメンの同僚にドキドキしたりもするので、誰も好きになれないわけではないと思います。

どうしたら、婚活をしていて好きになれる男性に出会えるのでしょうか?

婚活しているのにいい人に出会えないと不安になってしまいますよね。

でも、婚活でいい人に出会えない人には、ある特徴があります。

女性に多いのですが、ご説明させていただきます。

好きになる人は短期と長期で違う。

人を好きになると言っても、相手に求める条件が短期で考える条件と長期で考える条件は大幅に違うんです。

何を言っているんだ?と思うと思いますので、もっと簡単にお伝えします。

例えば、ワンナイトの相手に対する条件と結婚相手に対する条件ってぜんぜん違うと思いませんか?

たまたま雰囲気のいいお店で出会ってワンナイトの関係になった男性に対して、勤務先や年収・学歴・家族関係など希望するでしょうか?

間違いなくしないですよね!そんなこと考えていたらワンナイトの関係になんてなれませんから。

ワンナイトの男性に求める条件は「イケメン・カッコイイ・おしゃれ・トークが上手い・色気がある」などだと思います。

一方で、結婚相手に求める条件は「勤務先・年収・学歴・誠実さ・真面目さ」などになるでしょう。

ご覧になっていただくと分かるのですが、ワンナイトに求める条件と結婚に求める条件は、大幅に違うことが分かります。

恋愛相手と結婚相手に求める条件も違います。

同じように恋愛相手に求める条件と結婚相手に求める条件も違ってきます。

そもそもUさんは、ご質問の中で「会社の先輩(既婚者)の人がカッコイイなって思ったり」とありますが、既婚者を結婚相手に考える人はいません。

「イケメンの同僚にドキドキしたりもする」ともありますが、イケメンだけで結婚を決められますでしょうか?

Uさん自身がこの違いが分からないため、婚活の時は男性を結婚相手の条件で見て、厳しい目で見ているため「いいな!」と思う人に出会えないのです。

そして会社の先輩や同僚を見る時には、恋愛目線で見ているため、ゆるい条件で相手を見ることになりますのでカッコいいなって思ったりドキドキしたりするんです。

ためしに会社の先輩と同僚を結婚相手として見てみると、そんな感情も湧かなくなってくるでしょう。

ましてや既婚者の男性を結婚相手に見ることは絶対にないでしょう。

もちろん会社の先輩のような男性がいたらすぐにでも結婚したいと思っていると思いますが、現実にいない男性を想像して「こんな人がいたら結婚したい!」と思っている女性は、結婚することができなくなってしまいます。

なぜなら、現実にいない人と結婚することはできないですよね。

条件にとらわれない

Uさんは、結婚相手に対してトキメイたりドキドキしたいと思っていると思いますので、婚活をする時にも条件をゆるめて感情や気持ちで相手を見るようにしてください。

要するに、会社の先輩や同僚を見る感覚で、結婚相手を探せばいいのです。

その上で、相手の条件を確認して結婚する相手としてふさわしいのか?そうではないのか?を判断するといいでしょう。

条件を下げる

婚活をしている女性に多いのですが、高い条件や多くの条件を男性に求める傾向にあります。

でも、高い条件や多くの条件を相手の男性に求めることは、幸せからどんどん遠ざかる行為になります。

幸せな結婚をするためには、条件を下げたり条件を減らすことが重要になります。

理由は、2つありますのでご説明いたします。

条件が高い・多い人は「完璧主義」になってしまう

条件が高かったり多い人は、年収が低いからダメ、勤務先が良くないからダメ、学歴が低いからダメのように少しでも条件から外れてしまうと、すぐに切り捨ててしまいます。

このため徐々に完璧主義になってしまい行動できなくなってしまい、結婚できなくなってしまいます。

すぐに相手を判断してしまうため、相手との関係が長続きしなくなってしまい、次の行動ができなくなってしまうからです。

また、相手を検索する際に条件をた入れれば入れるほど、ヒットする人数が減ってしまいますので、婚活候補の男性を絞ってしまい可能性が減ってしまいます。

条件が高い・多い人は「相手から求められる条件も高くなる」

相手の男性に対して高い条件や多くの条件を求めてしまうと、相手の男性からも多くの条件や高い条件を求められることになります。

婚活あるあるで年収の高い男性を多くの女性が求めますが、例えば、年収2,000万円の男性を希望すれば、年収2,000万円の男性も相手の女性に高い希望を求めてきます。

多くの場合、女性が年収2,000万円の男性を求めると、2,000万円の男性は「若くて、可愛くて、性格のいい」女性を希望します。

婚活をしていると、どうしても相手を「選ぶ」ことに気持ちがいってしまいますが、同時に相手からも「選ばれる」女性にならなければ結婚することはできません。

この点を忘れないようにしてください。

恋愛をしてみる

 

Uさんは、ここまでご覧いただいていかがでしたでしょうか?

それでもなんかモヤモヤするなって思ったら、思い切って婚活を止めて恋愛してみてください。

ここまでご覧いただいて、まだスッキリしないのであればUさんは、結婚したいのではなく恋愛をして楽しくすごしたいんだと思います。

このため無理に婚活をするのではなく、気持ちを切り替えて、ドキドキする人やカッコイイなって思う人とお付き合いをしてみることをおススメします。

そうすることで、モヤモヤもすっきりとして充実した生活が送れるようになります。

そして、本気で結婚したいなって思ったら、その時の彼と結婚してもいいですし、あらためて婚活を始めてもいいのではないでしょうか?

おそらくUさんのご年齢が43際のため、そろそろ結婚しなくっちゃ!と思っているから婚活をしていると思いますが、いくつになっても結婚はできますので、今は、自分の納得できる恋愛をした方がいいと思います。

まとめ

結婚しても恋愛しても一番大切なのは、Uさんの気持ちが納得して楽しくすごすことができることです。

ご年齢も気になると思いますが、40歳以上の専門の結婚相談所を営業していて言えることは、いくつになっても結婚はできるということです。

また、現在では結婚の形も増えてきましたので、友情婚のような情熱的な恋愛を経て結婚するのではなく、静かに穏やかにパートナーと関係性を築く結婚も有だと思います。

ぜひ、Uさんの思い通りの恋愛や結婚をしていただきたいと思います。

それでは、Uさんもがんばって楽しい人生をお過ごしください。

婚活を始めた女性です!趣味がないためお見合いに疲れてしまいました!
婚活を始めましたが、私は趣味がないためお見合いの時に、趣味や休日の過ごし方を聞かれても何もありません。休日は、家でゴロゴロしていることが一番の幸せです。最近では婚活にも疲れてきました。

  川村裕央
       大人の結婚応援サロン代表

1971年5月13日生まれ。埼玉県川越市生まれ。現在は埼玉県所沢市在住。
20年以上大手不動産会社にて営業職として勤務。営業の仕事を通して人間関係を築くためのコミュニケーションを学ぶ。また、在職中には、新入社員の人材育成や能力開発人にも従事する。プライベートでは、一人の女性と長く幸せな関係を作ることが得意。
自分の好きな人がずっとそばにいてくれる幸せを、婚活に悩む人に伝えたいと思い結婚相談所を起業。
仕事や恋愛から学んだ信頼関係の作り方やコミュニケーションのとり方をもとに、素敵なパートナーと長く幸せな信頼関係を築くことをお伝えしています。
年中無休にて、無料相談を受け付けております!

 無料相談はこちらから➡

 

コメント