婚活で半日デート・1日デートでフラれてしまった!女性に嫌われない方法

こんにちは!
「大人の結婚応援サロン」婚活サポーターの川村ひろおです。

40代50代以上の方向けの結婚相談所の婚活サポーターをしていると、大人ならではのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。

婚活をしている方は、同じような悩みで悩んでいる方も多いので、参考にしていただきたいと思います。

【質問】Iさん、53歳男性。

結婚相相談所で婚活をしています。

約2カ月間仮交際をしていた女性から交際終了を言われてしまいました。

私は、真剣交際に進みたかったのですが交際終了の理由が、半日デート・1日デートをしたところかなり気疲れをしてしまったからとのこと。

相手に気を使わせてしまったのは、私が悪かったのですが次の交際の参考にしたいと思いますので、どのようにしたら女性に気を使わせないようにできるか教えてください。

婚活をしていると、上手くいかないこともありますよね。

でも、失敗を教訓に活かそうとしているIさんとても素敵です。

そのガッツがあれば、婚活も上手くいくでしょう。

それでは、回答させていただきます。

タイミングが大切!

まず、大切なのはタイミングです!

Iさんは、その女性とまだ半日デートや1日デートをするには、時期が早かったのです。

おそらくIさんも魅力的な男性だと思いますので、女性も、無理してでもがんばって半日デートや1日デートしてくれたんだと思います。

でも、無理してしまうとどうしても気を使いすぎてしまったり、疲れてしまったりしてしまいます。

そして、気疲れをしてしまって「なんか、この人といると疲れる・・・」となってしまい、お断りされてしまいます。

相手の女性に合わせる

半日デートや1日デートなど長時間のデートは、女性がIさんに慣れてきてから行くようにするといいでしょう。

Iさんは、その女性と真剣交際に進みたいと思っていたぐらいなので、その女性のことが好きになっていたと思いますが、女性は、Iさんのことを好きではなかったということになります。

男性は、すぐに女性を好きになりますが、女性は、時間をかけて男性を好きになります。

婚活あるあるなのですが、男性が女性を好きになってしまって、女性に積極的にアプローチするけど、女性は男性のことが好きではないので、ドン引きされて終わってしまうことが多々あります。

このため、相手女性の気持ちがある程度、Iさんに向いてこなければ半日デートや1日デートは、ただ疲れるだけのデートになってしまいます。

女性も相手の男性に好意をもてば、女性から「どっかに出かけたい」「○○に行ってみませんか?」のように誘ってくれます。

このため、女性がIさんに気を許すまでは、ランチデートやディナーデートなどの2~3時間程度のデートを重ねることをおススメします。

回数については、相手の女性によりますので、しっかりと女性を観察して女性から「どっかに出かけたい」「○○に行ってみませんか?」などの誘い文句が出るようになってから、長時間のデートを計画するようにしてください。

そうすることで、女性も気疲れしないでデートができるようになります。

自分をさらけ出さない

もし、Iさんが女性に合わせて、女性からも長時間デートの提案があったのに、気疲れをして断られてしまったのなら、Iさんが自分をさらけ出していないからかもしれません。

女性と親密になるためには自己開示が必要になります。

簡単に言うと「腹を割って話をする」ことになります。

自分の考えや気持ち、プライベート、弱みなども相手に伝えることになります。

自己開示をすると「あなたが本音で話をしてくれたんだから、私も本音で話をしよう!」と返報性の法則がはたらいて女性も本音で話してくれるようになります。

お互いが本音で話ができるようになることで、相手に気を遣わなくてすむようになりますので、相手との距離が近づきますし、気遣いもいらなくなります。

ココでのポイントは、必ずIさんから腹を割って話をすることです。

前にもお伝えしましたが、女性は男性よりも相手に好意をもっていませんので、女性から自己開示をすることはほとんどありません。

Iさんが自己開示をすることで、女性も本音で話をしてくれるようになります。

自己開示がされていないと「相手が何を考えているか分からない・・・」「私といて楽しいの?つまらないの?と思われてしまう」など、女性からみてIさんがどんな人なのか分からない謎の男性になってしまうからです。

まとめ

長時間のデートでお断りされてしまう人は「女性に合わせることができない」「本音で話をすることができない」男性になります。

Iさんも当てはまってしまったら、すぐに直すようにすれば何も問題ないです。

本音で話ができない男性は「恥ずかしい思いをしたくない」「カッコよく見られたい」など自分を守ることばかり考えてしまいます。

でも、女性の立場に立って考えてみてください!

自分の保身ばかり気にして本音で話ができない男性よりも、自分の弱みやコンプレックスもさらけ出して本音で話ができる男性に魅力を感じるでしょう。

ぜひ、次の交際相手の女性とは、素敵な長時間デートを楽しんでください。

それでは、Iさんの幸せな結婚を願っています!

婚活男性必見!お見合はできるけど交際に進めない男性の特徴10選!
婚活をしている男性で、お見合いは組めるけど仮交際に進めない男性の特徴10選をお伝えします。なかなか交際に進めなくてお悩みの男性は、ぜひ参考にしてください。

  川村裕央
       大人の結婚応援サロン代表

1971年5月13日生まれ。埼玉県川越市生まれ。現在は埼玉県所沢市在住。
20年以上大手不動産会社にて営業職として勤務。営業の仕事を通して人間関係を築くためのコミュニケーションを学ぶ。また、在職中には、新入社員の人材育成や能力開発人にも従事する。プライベートでは、一人の女性と長く幸せな関係を作ることが得意。
自分の好きな人がずっとそばにいてくれる幸せを、婚活に悩む人に伝えたいと思い結婚相談所を起業。
仕事や恋愛から学んだ信頼関係の作り方やコミュニケーションのとり方をもとに、素敵なパートナーと長く幸せな信頼関係を築くことをお伝えしています。
年中無休にて、無料相談を受け付けております!

 無料相談はこちらから➡

 

コメント