40代男性からの相談!女性と会話をするのが苦手ですが結婚できますか?

こんにちは!
「大人の結婚応援サロン」婚活サポーターの川村ひろおです。

今回も、皆様からいただくご質問をピックアップしてお答えさせていただきます。

婚活や恋愛で悩んでいる方は、みなさん同じような悩みを抱えています。

私なりの意見をお伝えいたしますので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

【質問】Iさん、40才男性。

40才になって結婚をしたいと思うようになりました。

周りの同僚や友人も結婚して、将来、孤独になってしまうかと思うと不安を感じるようになりました。

私は、恋愛弱者のため女性と会話をすることが苦手です。

同年代の女性は恋愛経験豊富な女性が多いと思いますが、克服する方法はありますか?

まずは、結婚をしたいと一歩踏み出してご質問いただきましてありがとうございます。

Iさんが女性に苦手意識を持っていることは、ただ女性に慣れていないだけだと思います。

このため、まずは女性に慣れることが最も大切になります。

どうしても会話が苦手と思ってしまうと、モテる会話とかモテるフレーズのようにテクニックに走ってしまいがちですが、女性に苦手意識を持っていると、女性を意識してしまっただけで頭の中が真っ白になってしまったり、何を話していいか?分からなくなってしまうと思います。

まずは、女性に慣れて自信を持つことが必要になります。

自信を持つといっても「女性からモテるぞ!」みたいな自信ではなくて、女性と二人きりになってもそれほど緊張しないぐらいの自信があれば大丈夫です。

緊張感は、あるていどは必要になりますので、少しぐらいは緊張していた方が上手くいきます。

まったく緊張しないと気が抜けてしまって、女性と真剣に向き合えなくなってしまうからです。

親しい友達関係を作る

それでは、どうしたら女性に慣れることができるのでしょうか?

Iさんは、恋愛弱者とおっしゃっていますが「恋人いない歴=年齢」なのでしょうか?

それとも以前には、女性とお付き合いしていたことがあるのでしょうか?

この違いによっても方法がことなりますので、1つづつお伝えします。

もしIさんが「恋人いない歴=年齢」なのであれば、親しい人間関係を作るところから始めることをお勧めします。

実は、恋愛関係や夫婦関係は、友達関係の延長線上にあります。

このため恋愛できない、結婚できない人の中には、基本的な人間関係を作ることが難しいという人も多いです。

例えば「腹を割って本音で話ができない」「自分の意見や気持ちを言いづらい」という人は、人間関係に苦手意識を持っているのではないでしょうか。

このためIさんが「恋人いない歴=年齢」なのであれば、男性の友達と親しい仲になることをお勧めします。

なんで?婚活しているのに男友達なんだ!って思うと思いますが、恋愛や結婚は友達関係の延長線上にあるからです。

このため、特定の仲のいい男性と毎週1回以上、飲みに行ったり遊びに行くようにしてください。

男同士と言っても、親しい仲になるためには相手に気を使いますし、嫌われないようにしたり、相手が喜んでもらえるようにしなければ、毎週、一緒に飲みや遊びに行くこともできません。

これって実は、女性との関係と同じなんです!

ただ、恋愛関係や夫婦関係が友達関係と違うところは、2つあって「一緒にいる時間の長さ」と「相手との距離」になります。

友達同士だと一緒に遊んでいてもバイバイしてしまえば自分の時間になりますし、家に帰れば、また連絡をとらない限りは自分一人の時間を楽しむことができます。

でも、恋人同士になるとデートが終わってバイバイしてもLINEの連絡がきたり、電話をしたりして自分の時間をとることが難しくなります。

ましてや夫婦関係になったら一緒に住む分けですから、ほとんど自分1人の時間は無くなってしまうでしょう。

そして男友達ならスキンシップをしたり、将来について話し合ったりしないと思いますが、恋人同士になるとスキンシップも増えて、お互いの将来などについても考えるようになります。

ましてや結婚をすれば相手の人生を背負うことになりますので、二人の距離感がめちゃくちゃ近くなるんです。

このように友達関係の延長が恋愛や夫婦関係になりますので、今まで恋愛をしてこなかった人や人間関係に苦手意識を持つ人は、まずは特定の友達と親しい関係を作るようにするといいでしょう。

毎週、飲みに行ったり遊びに行ったりしているうちに1カ月から3カ月もすれば、人との付き合いがどんなものか分かるようになります。

だれでもいいので特定の女性とランチする

以前に女性とお付き合いをした経験がある男性はここからスタートしてください。

そして結婚を希望する男性は、男友達と遊ぶことと並行して女性なら誰でもいいので、ランチやお茶に定期的に行くようにしてください。

この時に、ランチに一緒に行く女性は、Iさんの好みの女性や気になる女性では無く、恋愛対象外の女性や年上の女性でも誰でもいいのです。

いきなり好みの女性に声をかけても、まず上手くはいきませんので言葉は悪いですがおばさんでも誰でもいいのです。

それこそ、会社にいる経理のおばさんでも週に1回ぐらいランチに行くだけでもかまいません。

どうしてもそのような女性がいないのなら、飲み屋のママや定食屋のおばちゃんでもいいので、定期的に通って話をするようにしてください。

ポイントは、特定の人と何回も会うことになります!

このようにお伝えすると「好きでもない女性を誘うなんて失礼だ!」という方がいらっしゃいますが、そもそも女性は男性よりも人を好きになるには時間がかかりますので、男性に好意をもつことはありませんから心配いりません。

それよりも、おばさんだからってランチに誘うだけでもけっこうハードルは高いです。

しかも何回も継続させるためには、気を使ったり相手に良くしたりしなければ、おばさんでさえランチに付き合ってくれないでしょう。

このように女性と会話をしたり、女性と一緒にいることで自然と女性に慣れてくるようになります。

まとめ

その上で並行して婚活を行うことで、友達関係や女性とのランチで得られた経験をすぐに婚活女性に試すことができるようになります。

試すことで、上手くいくかもしれないですし失敗するかもしれません。

でも、何も分からないまま進めるよりも、トライ&エラーで学びながら婚活をすることができるでしょう。

そして結婚相談所で婚活することで、素直になってカウンセラーさんに相談をしてアドバイスをもらうようにすれば、飛躍的に成長できるようになると思います。

どうしても努力すると言ってしまうと抵抗があるかと思いますが、始めてしまうと意外と楽しめますので楽しみながら進めることができるようになります。

それでは、Iさんの婚活が上手くいくことを願っています!

頑張ってください!

何年もアプリや相談所等で婚活をしていますが全然結果が出ません・・・
30代半ばから結婚相談所、マッチングアプリ、婚活パーティーなどで婚活をしてきましたがまったく結果がでません。デートにも行くこともままならないためどうしたらいいか分かりません?

 

  川村裕央
       大人の結婚応援サロン代表

1971年5月13日生まれ。埼玉県川越市生まれ。現在は埼玉県所沢市在住。
20年以上大手不動産会社にて営業職として勤務。営業の仕事を通して人間関係を築くためのコミュニケーションを学ぶ。また、在職中には、新入社員の人材育成や能力開発人にも従事する。プライベートでは、一人の女性と長く幸せな関係を作ることが得意。
自分の好きな人がずっとそばにいてくれる幸せを、婚活に悩む人に伝えたいと思い結婚相談所を起業。
仕事や恋愛から学んだ信頼関係の作り方やコミュニケーションのとり方をもとに、素敵なパートナーと長く幸せな信頼関係を築くことをお伝えしています。
年中無休にて、無料相談を受け付けております!

 無料相談はこちらから➡

 

コメント