【気遣いができる人の特徴7選!】

大人の婚活をサポート

こんにちは(^-^)
大人の結婚応援サロン、カウンセラーの川村です。

何をする時でも要領よくスイスイこなしてしまう人もいれば、ポイントが押さえられずになかなか上手くいかない人もいます。

婚活でも同じで、上手くいく人と上手くいかない人の差ができてしまっております。

上手くいく人を見ていると「気遣いができる」という特徴がることが分かります。

今回は「気遣いができる人」についてお伝えさせていただきます。

気遣いとは、相手の事を思って気をつかうことや、配慮をする意味があります。

この気遣いは、生まれ持ったものではなく、社会生活や仕事を通じて身につけることができるスキルであり、誰でもできるようになることができます。

年齢を重ねるごとに、できて当たり前と思われることもあり、婚活や恋愛だけでなく大人として身につけておきたいものですよね。

「大丈夫ですか?」を使いこなせる

男性の方に覚えておいていただきたいのが、女性に対して「大丈夫?」と気遣っていただきたいことです。

女性は、男性に比べて寒さや暑さ、体力も男性よりありません。

このため、デート中も「寒くないかな?」「疲れてない?」など声をかけてあげていただきたいです。

もし、聞いても大丈夫かな?大丈夫を言い過ぎかな?と思っても、使ってくださいね。

使い過ぎかなと思っても、それでちょうどいいくらいだと思います。

お見合いやデートの時に「手土産」を持っていく

お見合いや初デートの時に、手土産をもらい嬉しくて気持ちが盛り上がってしまった、男性会員様の話を聞いたことがあります。

金額は、それほど高いものではなくてかまいませんので「ここぞ!」と言う時は使って見てもいいと思います。

金額としては「1,000円前後」の物で十分だと思います。

前もってお相手の事を考えていないと「手土産」の発想は生まれてこないですよね。

やはり金額やいただいた物の奥にある、会う前から考えていてくれたお相手の気持ちが嬉しいんだと思いますよ。

もちろん、男性も「ここぞ!」と思う時は手土産を持って行ってください。

持っていく物としては、自分が美味しいと思うちょっとしたお菓子ハンドクリームなどがお勧めです。

まだ、成婚まで至っておりませんので、形に残るものは控えた方がいいでしょう。

「ありがとう」と素直に言える

相手から、気遣いをもらったり、褒められたりすると「そんなことありません」「すみません」と言ってしまう人がいます。

それでは、人の好意や気持ちを否定してしまい、せっかく褒めてくれたのに、相手の気持ちも受け取れなくなってしまいます。

このような口癖がある方は「ありがとう」と言うようにして、相手の気持ちを受け取って素直に喜ぶようにしてください。

「お気遣いいただいてありがとうございます」

「ありがとうございます。そう言ってもらえてれしいです」

などに言い換えるようにしてください。

謙遜のしすぎも時と場合によりますね。

「お互い様」と置き換えて話ができる

結婚相談所で婚活をしていると、お互いに結婚を前提に活動をしているため、どうしてもお金の事や価値観の事など聞きにくい事も聞かなくてはならない事が出てきます。

気遣いのできる人は、聞きにくいこともちゃんと聞くことができます。

自分の事ばかり聞いてしまうと自己中な人と思われてしまいますが、気遣いのできる人は

「将来のお互いのために聞きにくいことや、言いにくいこともちゃんと話しませんか?」

と提案することができます。

「私」の将来ではなく「お互い」の将来のためと置き換えることで、自己中な考え方ではなく、相手の方のためにもしっかり話をしましょうと伝える事ができます。

相手の話をしっかり聞いてくれる

お見合いやデートの際に、自分ばかり話してしまって後悔してしまった人も多いのではないでしょうか?

望ましい会話の割合は「3:7」又は「4:6」です。あなたよりも相手の方に多く話してもらう方が、相手も気持ちよくお見合いやデートを締めくくることができます。

ついついハリキッテしまい自分をアピールしすぎてしまったり、愚痴や不満を言ってしまいたくなってしまう事もあると思いますが、そこはグッと我慢してお相手の話を聞くようにしてください。

そして、相手が話やすいように「うなずいたり」「答えやすい質問をしたり」して相手の話を引き出すようにすると、相手からも好印象を持ってもらえると思いますよ。

「忙しい」「疲れた」をあまり言わない

よく「忙しい」「疲れた」と言っている人を見かけます。

相手から必要のない気遣いをしてもらうことになってしまいますので、その時は、気持ちいいかもしれませんが、結果として長続きしなくなってしまいます。

もしかして、あなたはかまって欲しいのですか?

このブログを読んでいただいている方は、そんなことないと思います。

人が嫌がることの一つに相手が分からない」ということがあります。

ただ「疲れた」だけですと「疲れたのは分かった。それであなたはどうしたいの?」となって相手の気持ちに、モヤモヤが残ってしまいます。

これからは「忙しい」「疲れた」をなるべく言わないようにして、言い換えるようにしてください。

「忙しい」⇒「仕事が立て込んでいるため、次回のデートは食事だけにしてほしい」

「疲れた」⇒「少し疲れがたまっていので、次回のデートは近場がいいな」

など自分の気持ちを相手の方に素直に伝えてください。

その方が、相手の方もスッキリ受け入れてもらえると思います。

お金の気遣いは、小さく返す

お金で気遣いをいただいた時も、小さく返すことがお勧めです。

この時「おごってもらって当たり前」「お金は男性が出すもの」なんて思わないでくださいね。

この時の対応次第であなたの株も上がりますからね!

もし、食事をご馳走していただいたら、カフェでの「お茶代を出す」

前にも書きましたが「先日はご馳走していただきありがとうございます」と、次のデートの時に「手土産」を持参すなど、お金の気遣いについても小さい気遣いで返すことで、あなたの評価が上がりますよ。

まとめ

気遣いのできる人は、何かを考えている時、行動を起こす時など、相手の事を優先して考えています。

「相手がして欲しい事」

「相手がどうしたら喜んでもらえるか」

「相手には、どうしたら良くなってもらえるか」

などを考えていたり、言葉に表しています。

要するに気遣いのできる人は「気が利く人」になります。

「私は、気が利かないから・・・」

「私は、気遣いできないから・・・」

なんて思わずに、今すぐに気をつかうようにしてください。

気遣いは、生まれ持った性質や性格ではありませんので、少し努力すれば身につけることができるスキルになります。

今からでも全く遅くはありません!

気遣いをマスターして「また会いたい」「素敵な人だな」と思われる人になって下さいね。

婚活だけではなく、仕事や社会生活でも成長できると思いますよ。

それでは、皆様も明るく幸せにすごしてください。

お問い合わせは、お気軽にメールにてお送りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました