【男性必見!】優しい男性がモテない理由!

お見合い

こんにちは
大人の結婚応援サロン、婚活カウンセラーの川村ひろおです。

好きなタイプの話をしていると女性のタイプの上位にくるのが「優しい男性」です。
ただ結婚相談所のサポーターをしていると優しいだけでは上手くいかない男性がいることも事実です。なぜ優しいのにモテる男性とモテない男性がいるのでしょうか?

川村ひろお
川村ひろお

今回は、どうしたら女性に好きになってもらえるか?女性が男性に求める「優しさ」についてご説明いたします。

【優しいのにモテない男性の特徴】

それでは具体的に優しいのにモテない男性の特徴をお伝えいたします。

嫌われたくない

人からどう見えるかとても気にしてしまうことで優しくしてしまう男性がいます。

「嫌われたくない」「好かれたい」などの気持ちが強いため女性から嫌われることを恐れるがあまり優しくしすぎてしまいます。

相手に優しくしていれば嫌われることはないですが、この優しさって「自分」が嫌われたくないための優しさなので、本当に相手に優しくしてあげることとは意味が違ってきます。

女性は敏感なので、無意識に気づいてしまっているのかもしれません。

すぐに謝る

優しい男性は、相手の女性とケンカになったり言い争いになるのを避けるために、自分に非がないにもかかわらず「ごめんね」と謝ってしまう特徴があります。

心の中では自分の意見や反論もあると思っていても、自分が謝って丸く収まるのならいいや!と思ってしまい謝って済まそうとしてしまいます。

また、口癖で「すいません」を連呼してしまう人もいますので、自分に非が無いのに謝るのはおすすめしません。

自分に非が無いのに謝って済ませることは、実はお相手の女性と真剣に向き合っていないのではないでしょうか?

何か問題があるのであれば、お互いにしっかり話し合って解決したいと思う女性は大変多いです。

基本的に女性よりも男性の方がコミュニケーションや会話は苦手のため、謝って避けようとしてしまっていませんか。

女性の方に非があれば、しっかりと叱って欲しいと思う女性も結構多いですよ。

決断力が無い

いつでも女性の意見を聞いて女性に合わせていれば優しいと思われるということは誤りです。

女性の意見を聞いても決断力が無い男性は、自分の意見も持たない、はっきりしない男性と見られてしまい好きになってもらうことは難しいでしょう。

恋愛や婚活の際に優しい男性アルアルですが、デートの場所を決めるとき「○○さんの行きたい所でいいよ!」「○○さんが食べたいものでいいよ!」と女性の希望を聞いて優しさをアピールしようとして失敗してしまう男性が多いです。

女性からしてみるとデートのプランや行きたい所を丸投げされていると感じてしまいます。

男性としても女性の意見を聞いているだけでいいので楽ですよね!

でも、これでは女性から好意をもってもらうことは難しいでしょう。

女性は、男性にリードしてもらいたいと思っています。実際、結婚相談所でもリードできる男性は人気が高いです。

女性の意見も聞きつつ男性として頼りになるところも見せていきたいですよね。

誰にでも優しい

優しいことはとてもいい事なのですが、誰にでも優しい男性はただのいい人にしかなりません。

女性は人に優しくできる男性に好感をもちますが、誰にでも優しい男性では女性に対しての特別感が無いためトキメキを感じないでしょう。

誰にでも優しくしていると「自分は他の人と同じ扱いなんだ」と思われてしまいあなたを特別な人として見ることが難しくなってしまいます。

女心としては好きな男性からは「特別に扱って欲しい」と思っているし、特別扱いすることで「大切にされている」と感じるものです。

本心が見えない

優しい男性で女性の言うことをなんでも受け入れてしまうと、女性からは本心が見えないと思われてしまいます。

だって、何でもかんでも「いいよ!」って受け入れられたらなんか気持ちがわるいですよね。

「いつも笑顔だけど、ホントは怒っているんじゃないかな?」「いつか爆発するんじゃないかな?」なんて相手が何を考えているか分からないと人は恐怖を感じてしまいます。

女性も安心して一緒にいられる男性とお付き合いしたいですよね。

あなたも何を考えているか分からない女性と一緒にいると落ち着かないんじゃないですか。

つまらない

女性は優しい男性を好きですが、優しいからと言って何でも聞いてくれて言いなりになってくれる男性を求めているわけではありません。

自分の意見を聞いてくれて、何でもしてくれる男性だったら女性自身がやりたいことをすればいいだけなので、男性のいる意味が無くなってしまいますよね。

例えば、女性が○○のパスタが食べたい!となれば、あなたじゃなくて男友達や女友達だって一緒に行ってくれる人はいるでしょう。

これではあなたが一緒にパスタを食べに行く理由がありませんよね。

つまらない男にならないように、女性に楽しみや刺激を与えられる男性になることが得策です。

チャラい男がモテるのも刺激を与えてくれる、新しい楽しみを提供してくれるなどのメリットが女性にあるからです。

自分から告白できない

優しい男性の中にはお互いが両想いになっているのに告白できない男性がいます。

何度かデートを重ねてお互いの気持ちも好意をもっているのに、自分から言い出せない男性がいますが女性からしたら「情けない」の一言です。

「フラれるのが怖い」「プライドが高い」などの理由によりますが、お互いの気持ちが分かっているのであれば、勇気をもって告白することです!

あまり時間を空けてしまうと「思わせぶりな態度だけど興味ないのかな」「結局、私のこと好きじゃないんだな」って女性から見切られてしまうことになってしまいます。

結婚相談所でも、お互いが両想いで真剣交際に入っているにも関わらず具体的な結婚の話ができない男性やプロポーズができない男性がいます。

こうならないように優しいだけではなく、決める時には決める勇気も必要です。

【優しくてモテる男性になるためには?】

それでは、どうしたらホントに優しくてモテる男性になれるのかお伝えいたします。

女性が求める優しさを手に入れる

ここまでモテない優しい男性のお話をしてきましたが、気をつけて見るとほとんどが「自分」中心の優しさになっています。

「自分」が嫌われたくないから優しくする

「自分」が好かれたいから優しくする

「自分」が決断したくないから優しくする

「自分」がフラれたくないから優しくする

などすべて女性のための優しさではなく、自分が逃げるための優しさになってしまっています。

女性に好意をもってもらいたいなら「女性」が求める優しさをあたえられなければなりません。

自分が逃げるのではなく「女性」が主語になるように考えると女性が求める優しさが分かると思います。

「女性が何を求めているか?」「どうしたら女性が喜んでくれるか?」「どうしたら楽しいと感じてくれるか?」など女性がどうして欲しいかを考えることです。

ただのYESマンではなく、女性の要望や希望をしっかりと把握して誠実に向き合うことのできる優しい男性になってください。

そして女性が求める優しさをあたえるためには、あなた自身が覚悟と勇気を持つことです。

女性が求める優しさは、決してあなたが考える優しさではありませんので、自分の考えを変えたり、自分の意にそぐわないことをするようになることもあるので覚えておいてください。

優しさ+αを身につける

優しいだけの男だとただのいい人になってしまいます。

こうならないためには優しいだけではなく「優しさ+α」が必要になります。

優しい+頼りになる

優しい+決断力がある

優しい+行動力がある

優しい+楽しい(面白い)

など優しいだけではなく+αの魅力があると女性もあなたに好感をもってくれます。

好きな女性に対しては優しいのは当たり前です!

+αを身につけたあなたは、もう一つのポイント特別感を出してください。

女心としては、いつまでたってもお姫様扱いをして欲しいと思っていますので、あなたにとって彼女は「特別」という扱いをしてあげてください。

自信をもつ

自分に自信が無ければ、女性に意見を言ったり女性をリードしたり決断することができませんよね。

自信が持てないと優しい男性の仮面をかぶって女性の言いなりになてしまい、結局いい人で終わってしまいます。

自信を持つことは一朝一夕にできることではありませんが、日常生活の中から気をつけることで少しづつです自信をつけることができます。

すぐに自信が持てないため初めのうちは、あなたの意見を女性に伝える時に「伝え方」に注意をするようにしてください。

女性に不快な思いをさせないように、女性を傷つけないようにするに自分の意見を伝えるためにはどうしたらいいか?をしっかりと考えるようにしてください。

そうすることで、少しづつ女性に自分の意見を伝えられるようになります。

もし不安な場合は、あらかじめ女性に「僕は、いままで女性に優しすぎてなかなか恋人になれなかったんだ。でも、○○さんの恋人になりたいから優しいだけの男を卒業したいと思っています。慣れてないからイヤな思いとかさせちゃったらハッキリ言ってね!○○さんとずっと一緒にいたいから必ず直すよ!」長くなってしまいましたが、このように前もって宣言してしまうのもいいかもしれません。

女性も男性が正直に弱みを見せてくれると共感してくれて好感度が上がること間違いなしです。

ポイントは、女性からみたらあなたがどのポジションにいるかによります。

この言葉を伝える時は、あなたがお相手の女性の「恋人候補」になった時です。

余裕をもつ

余裕があるからこそホントの優しい男になれるのではないでしょうか?

余裕のある男性は、落ち着いていて、器が大きく、いつでも冷静でガツガツしていません。

気持ちや心の浮き沈みがないためいつも安定した気持ちで女性と接することができます。

余裕を持つことで女性に対しても、堂々と振舞うことができて、対等に接することができるようになります。

それでは、どうしたら余裕をもつことができるのでしょうか?

正直な話、すぐに余裕を身につけることは無理です。

ただ、婚活や恋愛において即効性のある余裕のあるように見せる方法はあります!

複数の女性と交際する

結婚相談所で婚活をしているなら複数の女性とお見合いをしたり、複数の女性と交際することをおススメします。

他にもお見合いをしたり交際をしたりする女性がいることで、本命の女性にガツガツすることが少なくなり心に余裕を持つことができます。

恋愛でも一緒です
もし本命女性がいたらその女性ばかりにガツガツしてしまったら嫌われてしまいますので、その他の女友達と遊ぶようにしたりマッチングアプリをしてその他の女性との接点を持つようにしてください。

女性に対する気持ちを本命女性だけに絞るのではなく、その他の女性にも振り分けることで心にも余裕が持てるようになります。

嫌われる勇気を持つ

乱暴な言い方になりますがもう一つの方法は「嫌われる勇気を持つ」になります。

そうしても本命の女性に執着してしまうと、自分自身も周りが見えなくなってしまってLINEをたくさん送ってしまったり、強引にデートに誘ったりしてしまいます。

もっとエスカレートしてしまうと「自分が好きなのだから、女性も自分の事を好きなはずだ!」と勝手に解釈してしまい暴走して自滅してしまいます。

しょせん男と女ですから相性やタイミングもあるので、いくら努力しても上手くいかない時は上手くいきません。

自分にできるだけの努力をしてもうこれ以上できないというところまできたら「嫌われてもいいや!」と思うことで心に余裕を持つことができます。

オリンピックなどでアスリートがメダルを逃してしまったけど、すがすがしい気持ちで今の自分のすべてを出し切れたから後悔はないです!というのと一緒です。

ただし、何も努力しないで嫌われてもいいやと逃げてしまうことはNGです。

必ず今のあなたが女性に対してできる限界の努力をして、それでだめなら切り替えるということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

優しいだけの男性を卒業してモテる男性になってください。

いろいろと書いてしまいましたが「優しい」ということはとてもいいことですので、あなたの優しさを大切にしていただきたいと思います。

ポイントは、女性が求めている優しさはどういうものか?相手の女性が求めているものを理解することができるか?になります。

ただの優しい男ではなく「ホントに女性に優しい男」になってください

そして素敵な奥様や彼女ができるように頑張っていただきたいと思います。

大人の結婚応援サロンでは、そんな男性のお手伝いも全力でいたしますので、お気軽にお問合せ下さい。

それでは、皆様も明るく幸せにおすごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました