男女で違う恋愛観について!「パート3」

女性向け

こんにちは
大人の結婚応援サロン、婚活カウンセラーの川村ひろおです。

今回は、男女で違う恋愛観について!「パート2」の続きになります。

男女で違う愛情の示し方

【男性】しっかりと一度で表現してほしい

男性は、マメに愛情表現をするよりも誕生日や記念日などの特別な日にサプライズなどをして盛大に愛情を表現したいと思っています。

このため特別な日にプレゼントを用意したり夜景の見えるレストランで食事したりと、奮発して愛情表現をしているのだから日常的に愛情表現をする必要はないと思っています。

もしくは、記念日に盛大に愛情表現しているのだから、僕の気持ちは分かっているでしょ!って思っています。

特別な日に盛大にサプライズをしたいと思っている男性も多く、特別な日までに着々と準備をしている男性もいます。

以前に流行ったフラッシュモブやサプライズでの公開プロポーズなどをするのは、ほとんどが男性で女性がしているところを見たことがないですよね。

【女性】何度もコマメに表してほしい

常日頃からコマメに愛情表現をして欲しいというのは共通の女性がもっている恋愛観になります。

「毎日連絡をして欲しい」

「髪の毛を切ったら褒めて欲しい」

「可愛いって言って欲しい」

など常日頃から男性の愛情表現をして欲しいと思っています。

このため誕生日を盛大にお祝いしてもらったからって、次の日から愛情表現が無くてもいいという訳ではありません。

【対処法】

男性は、誕生日や特別な日を盛大にお祝いして愛情表現をしているのだから、日々の愛情表現はそんなにしなくても気持ちは分かっているよね!と思っているところもありますので、女性が「もっとコマメに愛情表現をして欲しい」と言っても理解することができません。

対処法としては、お互いに相手の恋愛観を理解して歩みよることが大切なのですが、具体的には男性は、女性は大きなサプライズなどの愛情表現よりも、日々の小さいな愛情表現を望んでいることを理解していただきたいと思います。

そうすると「そんなこと恥ずかしくて言えない!」という男性がいらっしゃると思いますが、そんな時には何度も言ってしまいますが、お相手の女性に感謝の気持ちを持ってください!それだけでOKです。

お相手の女性に感謝することで日々の生活の中で女性に対しても「ありがとう!」「いつも感謝してるよ!」「おかげで助かるな!」など感謝の気持ちを伝えることが出きますよね。

女性は、お相手の男性と相談をして「二人のマイルール」を作ることをお勧めします!

内容としては、1カ月に1回、二人で食事をしながら、またはお酒を飲みながら「お互いに感謝を伝え合う!」もしくは「お互いに褒め合う!」「お互いの良い所を3つ伝える!」などルールを二人で決めてください。

そうすることで男性も約束として理解します、意外に男性も決まり事として決めてしまうとスムーズに愛情表現をしてくれるようになります。

また、二人のマイルールを作ることをイヤがる男性の場合は「お互いの将来のために!」ということを感情的にならずに話すようにしてください。

そして、初めのマイルールの食事会の時は、相手の男性が楽しく気が重くならないようにあなたが明るく振舞うようにしてください。

もちろん、あなたもお相手の男性のいいところをいっぱい褒めてあげたり、愛情表現をしてください。

そうすることで、男性も少しづつ愛情表現をするようになってきます。

結婚についても男女の恋愛観は異なります

【男性】結婚がゴールの男性

男性の場合、好きな女性と結婚をして幸せに暮らすことを目的に、好きな女性を手に入れるために行動しますので、結婚をするということは「自分の好きな女性と一緒になれた!」という「ゴール」になります。

このため、結婚するまではお相手の女性を手に入れるためオシャレをしたり、素敵なお店で食事をしたり、デートプランを考えたりと一所懸命にしますが、結婚をしたとたんにオシャレにも無頓着になってしまったり、お出かけデートが少なくなってしまったり、愛情表現が減ったりと急に冷めてしまうことがあります。

「釣った魚に餌をやらない」という言葉があるように、結婚をすると冷めてしまう男性が多いのも事実です。

そして「結婚と恋愛は別もの」と言ってしまうのも男性の特徴です。

女性にとっては「恋愛=結婚」という価値観の方が多いです。

【女性】結婚がスタートの女性

女性にとって結婚は、お互いの人生を歩むためのスタートになります。

結婚後女性は、出産や子育てなどの大きなイベントがあり人生がガラリと変わります。

もちろん男性も子育てをいたしますが、子どもを産むのは女性ですし子供に対する愛情も男性よりもひときわ深いと思います。

このため、女性にとって結婚は、新しい人生の始まりであり新しいパートナーと人生を歩むためのスタートになります。

また、女性は結婚することで生活や経済的な安定が得られるため積極的に結婚することを望む傾向があります。

安定した生活を得てしっかりと子育てをするための本能もあるかと思います。

また、結婚を強く望むあまり優柔不断で結婚を意識してくれない彼氏を振ってしまうこともあります。

なかなかプロポーズをしてくれない彼氏を振って、新しく付き合った彼氏とすぐに結婚をする!ということもよくある話です。

この点も男性と異なる恋愛観の一つになります。

【対処法】

男性編

男性にとって結婚することは「自由な時間が無くなってしまう」「使えるお金が減ってしまう」「複数の女性と遊ぶことができなくなる」「家族を養う負担が増える」などネガティブなイメージを持つ方も多いと思いますが、それだけでは無いのではないでしょうか?

アウンセラーをしていてプロポーズを前にマリッジブルーになる男性をよく見ますが

「今までの人生を思い出してください」と伝えています。

「なんで婚活を始めたのですか?」

「一人で寂しかったのではないですか?」

「一人の将来が不安だったのではないですか?」

婚活を始めたころの目標と今までの人生を思い返してください。

初婚の男性は「初めての結婚」になりますので不安になるのも当たり前です!

職場の同僚や友人からは「結婚をすると自由に飲みにも行けない」

「休みの日には家族サービスで大変だ」

「小遣いが少ない」などネガティブな話を聞いて結婚に良いイメージを持てないかもしれません。

でも、そんな話をしている同僚や友人は、なぜ離婚しないのでしょうか?

それは、それ以上の幸せがあるからです。

仕事から帰ったらあったかいご飯が用意されていて、晩酌しながら奥様とご飯を食べる幸せ!

いつも自分の絶対的な味方の奥様がそばにいる幸せ!

可愛い子供が「パパ!」って言って駆け寄って出迎えてくれる喜び!

など数えきれないくらいの幸せがあります。

そもそも日本の文化として自分の幸せ話や自慢話をすることを嫌うところがあるため、あなたの同僚や友人が幸せな話や家族や奥様の自慢話をすることはないでしょう。

なので、ネガティブな話ばかりを真に受けないようにしてください。

この点からも分かるのですが、バツイチの方は結婚がどうゆうものかよく分かっているため、結婚に対して抵抗が無く交際からすぐに結婚をする人が多いです。

初婚の男性や結婚することに不安を感じてしまう方は、どうしたって初めての事や未経験の事は不安になって当然です。

厳しい言い方になりますが「覚悟をもって決断してください!」そうすることで前に進み結婚をすることができます。

結婚をしてしまえば、周りを見渡してください!あなたの周りのほとんどの方が結婚してますよね!だから大丈夫です。

みんながしていることをあなたができないはずはありません!勇気を持って結婚してください。

女性編

男子はプライドが高い生き物になりますので、女性は、男性の承認欲求を満たしてあげるようにしてください。

具体的には、男性を褒めてあげて、お相手の男性の意見や考えに賛同してあげたり同意してあげると承認欲求が上がります。

また、結婚を望む男性は女性に対して「癒し」「優しさ」などを求めていますので、安心させてあげることも大切です。

そして男性は「一人の時間」も必要になりますので、一人でじっくり考える時間をあたえてあげたり、一人でボーっとする時間を上げることも効果があります。

女性は、愛情表現がマメでベタベタしたりすることも好きですが、もちろん男性も好きな女性とベタベタすることも大好きなのですが、それだけだと束縛感や窮屈感を感じてしまいますので一人の時間をあげるようにするといいですよ。

そして、この女性なら自分の事を分かってくれる、この女性となら一緒にいても安心していられると思えると男性の気持ちも結婚に動くと思います。

また、長くなってしまったので続きは「パート4」にてお話させていただきます。

それでは、皆様も明るく幸せにおすごしください。

お問い合わせは、こちらからお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました