婚期を逃さないための方法!こんな交際していると結婚できません!

こんにちは!
「大人の結婚応援サロン」婚活サポーターの川村ひろおです。

婚活をしている中で、お見合い後に相手の印象も悪くないし、会話もそこそこ盛り上がったけど、交際に進むかどうか迷ったことがある人も多いと思います。

この時に「もう1度、会って判断してみます!交際に進みます」という方は、自分の会って判断するという気持ちがあるので問題ありません。

一方で、今交際している人もいないし「とりあえず交際してみようかな・・・」と思って、とりあえず交際に進んでしまう方は、なんとなく気持ちは安心できるのですが、結果として上手くいかなくなってしまいます。

その後、デートを重ねたり会話を重ねても、相手にそれほど魅力を感じなかったりして、なんとなく無駄な時間や無駄なお金を使うことになってしまいます。

「交際する人もいないし」「いい人も現れないし」という気持ちから、好意がもてない相手とデートをや会話を重ねても大事な時間を無駄にしていることに気づくことで、良い出会いに巡り会うことができます。

それでは、このようななんとなくの状態にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、婚期を逃さないために忘れないでいただきたいポイントをお伝えします。

交際から成婚するための考え方についてもご紹介いたします。

 

「なんとなく交際する」を辞める!

婚活は、真剣勝負になります!

なんとなく交際を続けてしまったり、あまり興味はないけど交際する人もいないからとりあえず交際しておこうという、相手をキープしてしまう人は婚活が長引いてしまい、結局、結婚が遠くなってしまいます。

特に「とりあえず交際します」という方は、結婚から見放されてしまいます。

恋愛の場合は、何人の相手とお付き合いしてもぜんぜん大丈夫ですが、結婚となると1人のパートナーに絞らなければなりません。

このように決められない人は、そもそも結婚したいという気持ちが薄かったり、本当に結婚したいのではなく恋愛したい人だったりします。

結婚するためには、最後は「決断」しなければなりません。

結婚相談所で婚活している人の中でもマリッジブルーになってしまう人もいます。

相性もいいし話も合う、一緒にいても居心地がいいから結婚しよう!となるのですが、結婚が間近に迫ってくると「ホントに結婚してもいいのかな?」「もっといい人がいるかも?」など、決断が揺らぐような思いがめぐることがあります。

決断できない人は、この時に決めることができないため、せっかく結婚の話が進んでも結婚できなくなってしまいます。

いい人に出会えない・・・

「とりあえず交際します」と言ってしまう人は、自信が無くプライドが高い傾向にあります。

このような人は、実はいい人に出会えない可能性が高いです。

「傷つきたくない」「恥ずかしい思いをしたくない」「カッコイイ自分でいたい」など、自分を守る気持ちが強いため、交際していても本気で女性と向き合うことができません。

中には、女性の気持ちが離れているかも?と思った瞬間に自分から交際終了を申し出る男性もいらっしゃいます。

このような男性の特徴として、自分が傷つかないように本気で女性を好きにならないようにする傾向にあり、女性からフラれても平気な男性が多いです。

本気で女性と向き合えないため、自分を好きになってくれる女性ばかりと「とりあえず交際」を続けてしまい、自分が好きになれない女性と交際を続けてしまう人もいます。

守りに入って婚活をしている人は、自分の気持ちを守るために婚活をしているため、言葉は悪いのですが誰もからもお断りされてしまう相手と交際を続けてしまう傾向にあります。

誰からも選ばれない人は、交際することも難しいため守りに入って本気で婚活できない相手でも、交際してしまう傾向にあり、最終的には、好きではない相手なので交際終了になってしまいます。

意外かもしれませんが、お金にも困っていないハイスぺ男性に多い傾向になります。

長所を見る!短所を受入れる!

特に女性に多い傾向になりますが、相手の短所ばかりに目がいってしまい、相手の長所を見逃してすぐにお断りしてしまう人がいます。

こうなってしまうと、ただの結婚相手審査になってしまいますので、どんどん結婚が遠のいてしまいます。

気づいていただきたいのは、このように相手の短所ばかりに目がいってしまいう人は、相手に求める条件も高い傾向にあります。

相手は、まずプロフィールで勤務先や年収・学歴などの第一審査を経てお見合いになり、お見合いの席で第二審査の雰囲気や会話・気遣いなどをチェックされてしまいます。

ご自身では気づいていないかもしれませんが、このように見てみると交際に進むまでにかなり厳しい審査を通過しなければなりません。

そもそも人間なんて完璧な人はいませんし、相手の内面なんて1回や2回会っただけでは分かりません。

それよりも結婚している人は、相手の短所だけではなく長所をしっかりと見ています。

そして、短所を長所で補えるか、この長所があれば短所は気にならないかな、のように短所も受入れながら相手の判断をしています。

結婚をすれば、ずっと一緒に生活することになりますので、相手の良い所も悪い所もまとめて受入れられるようにならなければ、結婚することが難しくなってしまいます。

まとめ

婚期を逃さない、婚活を長引かせないためにはしっかりと決断をして、自分の興味のある相手とだけ交際するようにしてください。

「好きな人は好き」「この人は苦手」「興味が無ければ断る」ことができなければ、良い出会いを逃がすことになります。

「とりあえず」交際をしたり「とりあえず」交際を続けていては、本気で相手と向き合うことができません。

そもそも「とりあえず」と言っている時点で、その相手にはそれほど興味が無いと言っていると同じです。

また「とりあえず」交際をしてしまう人は、自分の安心のために相手の時間やお金を無駄にしてしまう人になりますので、自分の事しか考えていない人になります。

幸せな結婚をするためには、相手に合わせることができなければ、あなた自身も幸せになることはできません。

ぜひ「とりあえず」とか「なんとなく」の婚活はすぐに辞めていただき、あなたが好意を寄せることができる相手とだけ交際をして、幸せな結婚を手に入れてください。

それでは、皆様も明るく幸せにすごしてください。

50代男性の婚活!真剣交際に進むけど成婚できない!定年前に結婚したい
59歳の男性からの質問!婚活を約2年間してきましたが、真剣交際に進んでも結婚することができない。来年、定年を迎えるためそれまでに結婚したいのですが、どうしたらいいでしょうか?

  川村裕央
       大人の結婚応援サロン代表

1971年5月13日生まれ。埼玉県川越市生まれ。現在は埼玉県所沢市在住。
20年以上大手不動産会社にて営業職として勤務。営業の仕事を通して人間関係を築くためのコミュニケーションを学ぶ。また、在職中には、新入社員の人材育成や能力開発人にも従事する。プライベートでは、一人の女性と長く幸せな関係を作ることが得意。
自分の好きな人がずっとそばにいてくれる幸せを、婚活に悩む人に伝えたいと思い結婚相談所を起業。
仕事や恋愛から学んだ信頼関係の作り方やコミュニケーションのとり方をもとに、素敵なパートナーと長く幸せな信頼関係を築くことをお伝えしています。
年中無休にて、無料相談を受け付けております!

 無料相談はこちらから➡

以下の地域で、地元密着にてお手伝いしています。
埼玉県・所沢市・狭山市・入間市・東京都・東村山市・清瀬市・西武池袋沿線・西武新宿線沿線

コメント