【お見合いの基本的なルールについて】

交際

こんにちは(^-^)
大人の結婚応援サロン、カウンセラーの川村です。

結婚相談所の入会を検討している方が気になる一つが「お見合い」ではないでしょうか?

一般的な生活や恋愛では、お見合いは出てこないですよね。

お見合いには、意外なルールがありますので、ご説明させていただきます。

お見合いが成立したらキャンセルできません

気になる相手がいましたら、お見合いの申し込みをします。

お見合いの申し込みをして、お相手もOKになり、お見合いの日時と場所が決まり、お名前の交換が終わりましたら「お見合い成立」になります。

一度、お見合いが成立してしまうとキャンセルできません。

急用や体調が悪くなってしまった際には、日程の延期はできますので安心してください。

キャンセルされたり、お見合い当日のドタキャンなどがあった場合は、違約金がかかってしまいます。

お見合いの場所や日時は申し込まれた側が決める

お見合いの場所は、申し込まれた側が決めます

以前、関西の男性から申し込みをいただいた女性がお見合いをした際には、申し込みをした男性が関西から東京まで来ていただきました。

日時についても、申し込まれた側が都合の良い日時を、いくつか候補を上げていただき申込んだ側が選ぶようになります。

この時、間にはカウンセラーが入って日程調整やお店の設定などのお手伝いを行います。

服装について

男性は、スーツにネクタイを着用してください。

スーツは、男性が最もカッコよく見える服装の一つになります。

女性からもスーツ姿の男性は、好感を持てるという意見が多いです。

女性は、TPOを心得て失礼のないように配慮のある服装にしてください。

「具体的にはどのような服装ですか?」と聞かれるのですが、女性アナウンサーの服装をイメージしていただけると分かりやすいと思います。

お見合いの当日

お見合いの当日は、10分前にはお店につくようにしましょう。

時間の余裕が心の余裕になりますので、落ち着いてお見合いに望めますよ。

場所は、ホテルのラウンジやゆっくりお話ができるカフェなどになります。

お見合いの時間は、1時間から2時間を目安にしています。

初めての男女が会いますので、緊張してしまって当たり前です。

あまり長くなると疲れてしまい、あまりいい結果にならないことが多いようです。

初めてのお見合いは「もう少しお話をしたいな」と余韻が残るぐらいで終わらせることがお勧めです。

お茶の費用は?

弊会では、お茶代は各自払いのルールになっています。

割り勘ではなく、各自が飲んだ物の費用を各自が支払う形です。

でも、男性には、ぜひ女性の分の費用も出していただきたいのです!

それで女性からの印象もアップしますので、個人的には男性が女性の分も出していただくことをお勧めしています。

もちろんルールでは、各自払いですので強制ではありませんからね。

お見合いの際には、連絡先は教えないでください

お見合い当日、お互いに意気投合してお話が盛り上がっても、連絡先の交換はしないでください。

連絡先については、お見合い後、カウンセラーに結果を報告してから、カウンセラーから連絡先の交換をします。

お見合いの結果は、その場でお伝えしないでください

お見合い後、交際に進むか?お断りするか?の結果は、お見合いの次の日の12時までにカウンセラーへお伝えください。

お相手と意気投合しても結果を直接お伝えすることはNGです。

またお会いしたいと思ったら

「またお会いしたいですね」

「またお会いできたら嬉しいです」

など、あなたの気持ちを伝えることは良いと思いますよ。

まとめ

お見合いについてルールがあると、気になってしまいお見合いをスムーズにできないと思ってしまうかもしれません。

お見合いのルールは、トラブル防止でもありますし、お相手に対するエチケットと考えていただき守っていただきたいと思います。

それでは、皆様も明るく幸せにすごしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました