婚活をしているけど結婚できない60代男性の特徴5選と対策について解説します!

デート

こんにちは!
「大人の結婚応援サロン」婚活サポーターの川村ひろおです。

60代でも結婚はできますが、やはり年齢を重ねてしまうと婚活は難しくなってきます。

もちろん出会いが少なかったり環境によるところも大きいのですが、婚活をしているご本人に結婚できない問題がある場合があります。

辛口なコメントになってしまいますが、婚活をしていて結婚できないのはワケがあります。

川村ひろお
川村ひろお

今回は、60代で婚活をしているのだけれど結婚できない男性の特徴と対策についてお伝えいたします。

こちらのブログを読んでいただき、もし該当してしまってもあなたが変わるだけで結婚できるようになりますので、すぐに変わっていただければ大丈夫です!

若い女性を希望してしまう

若い女性を望む傾向は男性全般に多いのですが、60代男性でも30代や40代の女性を希望する男性が多いです。

女性からすると信じられないかと思いますが、若い女性を希望する男性は「私は大丈夫!」と謎の自信を持っている方がいらっしゃいます。

理由を聞くと「子供が欲しいから!」

60代の男性が万が一にも子供ができたとしても、子供が成人する頃には、はるかに80才を超えています。

現実的に考えても難しいことは言うまでもありませんので、現実を受け入れることが大切になります。

女性が求める結婚相手の年齢は、自分の年齢のプラスマイナス5才です。

結婚は、自分がいくら希望しても相手から選ばれなければ結婚することはできません。

あなたの同年代の女性の中にも素敵な女性はたくさんいますので、若い女性を希望して理想を高くするのではなく同年代の女性にも目を向けることをお勧めします。

他責思考

他責思考の男性の特徴は「自分が正しい!」と何においても思ってしまっているため、お見合いが上手くいかなかったり、デートが上手くいかなかったりすると相手の女性のせいにしてしまったり、周りの環境のせいにしてしまったりと上手くいかなかった原因を自分以外の責任にしてしまい、責任の矢印を外に向けてしまっています。

例えば

・プロフィールには「話好き」と書いてあったのに、ぜんぜん話が盛り上がらなかった。

理由:男性が話過ぎてしまった、自慢話や武勇伝ばかり話してしまった、女性の話を聞かなかった、会話していて楽しくないなど自分に原因があることが多いです。

・「料理好き」って書いてあったのに全然料理ができないなんて嘘つきだ!。

理由:あなたに興味が無いから距離をとろうとしているかもしれません。

・LINEを送っても返信が返ってこない。

理由:あなたに興味をもっていない可能性が大です。

自分から断るのも気が引けるから返信しないでお断りされるのを待っているかも・・・

・デートの誘いをしても、いつも「忙しい」と言われてしまいデートが組めない。

理由:実は「忙しい」のではなく、あなたに会いたくない、興味が無くなってしまっている可能性が大です。

お話を聞いていると男性自身に原因があって率直に言うと女性は、あなたに興味が無いので早く帰りたい、連絡を取りたくない、会いたくないなど思っているため、話が盛り上がらなかったり、返信をしなかったりしてしまうんです。

この時、他責思考の人は「相手が悪い」と考えてしまうため、自分で直そうとか成長しようという考えに及びませんが、外向きの責任の矢印を自分に向けるだけで

「もしかして、何か変なこと言ってしまったかな?」

「女性を不快にさせちゃったかな?」

と自分を顧みることができるため同じ失敗を繰り返さないで前進することができます。

婚活サポーターをしていて感じることは、他責思考の男性は同じ失敗を何度も繰り返す傾向にあります。

婚活が上手くいくようにアドバイスや提案をさせていただくのですが、他責思考の人は「自分は正しい」と思っているため残念なのですが聞き入れてもらえないことが多いです。

もし、婚活しているのに同じ失敗を何回も繰り返してしまうのであれば「他責思考」かもしれませんので「自責思考」にすぐにでも変えることをおすすめです。

相手の女性に合わせられない

60代にもなると仕事や生活においても自分のスタイルが確立しているため、自分のマイルールや強いこだわりを変えられない方が多く見られます。

結婚相談所のルールでお見合いの日時や場所を決める場合は、申し込みを受けた側に優先権があるというルールがあります。

このようなルールがあるにもかかわらず、自分からお見合いの申し込みをして女性が優先的に決める場合でも、女性の予定や女性の希望に合わせられずに

「いつもの○○でお見合いがしたい」

「早くお見合いの日時等を決めてほしい」

など自分の要求ばかりで女性の希望を聞こうとしない男性がいます。

その他にも

「結婚したら住まいは、自分の実家に住んでほしい」

「ご飯は、毎食手作りで健康に良い食事を作ってもらいたい」

「自分と同じ趣味の女性がいい」

など自分の希望に合わない女性を受け入れることができなくなってしまいます。

結婚生活は、まったくの他人が同じ屋根の下で生活することになりますので、相手に合わせたり歩み寄ったりしなければい幸せに生活することなんてできませんよね。

相手の女性に合わせられない男性の傾向として、お見合いがうまくいって交際に入っても女性に合わせることができないため

「なかなかデートをすることができない」

「LINEの連絡も簡単なもので終わってしまいキャッチボールができない」

「LINEを送っても返信がこない」

など長続きしない傾向にあり女性と親しくなれない方が多いと感じます。

基本受け身な男性

60代で初婚の男性に多いのですが、今まで女性経験が少ないため積極的になれない男性がいらっしゃいます。

このため女性とお付き合いしたいし結婚もしたいけど何をどうすればいいか?
まったく分からないため受け身になってしまいただただ時間だけが過ぎてしまいます。

または、頑張ってお見合いの申し込みをたくさんしたり、お見合いを積極的に組むようにしているのですが、プライドが高かったり、決断力が無いなど積極的に女性を誘うことができないため、せっかく交際に進んでも出会いの回数を増やすことができない、なかなかデートが組めなかったりしてしまいます。

女性経験が少ない男性は、とにかく「女性と会う回数を増やす!」ことが重要です。

初めは上手くいかないと思いますが、経験を重ねることで女性とどのように接すれば、喜んでもらえるか?好意を持ってもらえるか?などが分かってきます。

プライドが高い男性は「断られたくない」「恥ずかしい思いをしたくない」など自分を守る意識が高いため積極的になることができずに、女性からの誘いを待ってしまいます。

プライドが高い男性の特徴として「一部否定されてしまうと、全てを否定された」気持ちになってしまいます。

自分を変えられない

男性の多くは20代から30代の女性を求める傾向にあります。

それは60代の男性も同じ傾向にあり、若い女性にお見合いを申し込む方を多く目にします。

女性の好みは変わらなくても、あなた自身は歳をとりますし、考え方も若い女性と異なってきますし、体形や体力も落ちてきて変わってきます。

この変化を受け入れられずに自分では気持ちも若いし、まだまだいけると思っている男性が多いと感じます。

あなた自身も年齢を重ねて確実に変わりますので、年齢による変化を受け入れて女性の求める条件や考え方なども変えていくことで結婚できるようになります。

極端な話、70代になっても高すぎる理想や条件を持っていなければ、普通に結婚することができます。

60代にもなると男性の魅力は容姿よりも人間的な魅力になります。

もちろん外見も大切になりますが、おしゃれに気を遣うのではなく女性に不快感を与えないように清潔感のある見た目であれば大丈夫です。

それよりも女性を大切にしたり、話し合いができる、譲り合うことができるなど内面を磨くことをおすすめします。

モテるおじさんとモテないおじさんの違いを徹底解説!【清潔感編】
こんにちは大人の結婚応援サロン、婚活カウンセラーの川村ひろおです。川村ひろお婚活をしている男性の中には、モテるおじさんとモテないおじさんがいます。どうして同じおじさんなのにモテる人とモテない人がいるのでしょうか?...

婚活沼からの脱出方法

ここまでは厳しいことも書いてしまいましたので「そんなこと言ったってどうすればいいんだよ?」って思った方もいるでしょう。

そして婚活を頑張っているのに理想の女性から断られてばかりだと「こんな女性ばかりなら結婚なんてしまくてもいい!」となぜか選ばれないことを言い訳にしてしまい、本当は傷ついているだけで結婚をしたいけど女性を嫌悪してしまう男性もいます。

いずれにしても婚活をしているのに長引いてしまうと焦る気持ちが出てくるのも事実です。

ここからは、そんな婚活沼から脱出する方法についてお伝えいたします。

素直で謙虚になる

素直で謙虚な人は、柔軟に考えることができます!

柔軟に考えたり対応することができるようになると、女性を受け入れやすっくなったり、相手に合わせることが苦痛でなくなったりするため、女性と付き合う上であなた自身も気が楽にお付き合いすることができるようになります。

だからと言って、お見合いやデートの時だけとか、女性に対してだけ素直で謙虚になろうと思ってもそんなに都合よく人って変われませんよね。

このため日常生活から、それこそ会社の同僚や部下、友達にも素直で謙虚な態度で接することを心がけて下さい。

具体的にどうすればいいか?分からない方もいると思いますので、具体的にはいつも「素直で謙虚な気持ちでいるにはどうしたらいいか?」と考えるようにしてください。

そうすることで、人と接する際や仕事の時でも素直で謙虚にいることが自然と思い浮かぶようになります。

例えば、いつも「素直で謙虚な気持ちでいるにはどうしたらいいか?」と考えることで

「部下の話は、間違っていても最後まで聞いてから意見を言おう」

「自分と意見が違っても、あなたは○○のように考えるんだね。と相手の意見を受け入れられる」

など、どうすれば素直で謙虚でいられるかが分かってくると思います。

女性を大切にする

そもそも女性を大切にしていなければ、女性から選ばれることもありません!

あなたが女性の話をしている時に「女は」とか「女なんて」というように上から目線で女性のことを呼んでいたら注意が必要です。

無意識に「女」と言ってしまっていると思いますので、これからは「女性」または「女の子」というように女性の呼び方を意識するだけでも女性に対する接し方が変わってくると思います。

あなただって、あなたを大切にしてくれない人に好意を持つことは無いですよね。

女性も同じで、相手の女性を大切に思っていない男性を好きになることはありません。

また、相手を好きになるプロセスは、女性と男性では逆になりますの気を付けてください。

「女性が男性を好きになるプロセス」

男性から「大切にしてくれる」「尽くしてくれる」「安心させてくれる」など好意や気遣いがあり、それから男性を「好き」になります。

「大切にしてくれる」「尽くしてくれる」「安心させてくれる」➡「好き」になる!

「男性が女性を好きになるプロセス」

男性は、相手の女性を「好き」になってから、女性を「大切にする」「尽す」「安心させる」ようになります。

「好き」になる!➡「大切にする」「尽す」「安心させる」

このように女性は、優しくしてくれたり、尽くしてくれるから男性を好きになるのに対して、男性は、好きになった女性だから優しくしたり、尽くすようになります。

男性が女性を好きになった時には、たいていの場合、女性は男性のことを好きでもなんでも無いです。

このため気になる女性が現れた時には、女性を大切にして、女性に尽くすようにしてみてください。

そうすることで、少しづつ女性もあなたに好意を持ってくれるようになります。

決断力をもつ

結婚をするためには「決断力」が大切になります!

特に初婚の男性は、結婚をしたいと思っていても実際に結婚生活がどんなものか?分からないため多少なりとも不安になります。

このため最後は、覚悟を決めて「決断」することが必要になります。

また、デートの日時を決めたり、お店を決めたりと女性とお付き合いするためには、小さな決断がたくさん出てきます。

男性によっては「あなたの希望の日時でいいよ」とか「あなたの行きたいお店でいいよ」と優しさのために決めない方もいると思いますが、これってただ決断をして責任をおいたくない、めんどくさいから楽をしたいと思っているだけでは無いでしょうか?

ホントに女性に優しくしたいのなら、女性の意見を聞いて候補の日時やお店を2~3個提案して、女性に決めてもらうようにしてください。

そうすることで女性も自分の意見も聞いてもらえて、安心して選ぶことができるでしょう。

決断力が無い男性は、やはり日常生活の中で決断することを意識することをお勧めします。

例えば、なんとなく食べていたランチも「毎日違う物を食べる」と決めて、毎日何をたべるか考えて決めるようにするだけで決断力が少しづつ身に付きます。

日常生活の中の些細なことで構わないので、自分で考えて決めるだけで少しづつ決断することに慣れてきます。

まとめ

60代で婚活している男性は、時間との勝負になります!

60代の婚活は、あなた自身の好みや考え方以外にも体調や健康が大きく影響してきます。

もし、生活習慣病や認知症など病気になってしまった場合、婚活にも大きな影響を及ぼしてきますし、あなた自身も不安になるのではないでしょうか。

60代で仕事も定年退職してしまうと、急に孤独になってしまい将来について恐怖を感じてしまう男性が多いです。

とくに仕事に頑張って仕事中心の生活をしてきた男性にとっては、仕事がなくなってしまうとやることがなくなってしまったり、人間関係も仕事中心のため定年してしまいうと人間関係も極端に薄くなって孤独や不安を感じるようになるでしょう。

「俺には趣味のゴルフがあるから、定年したらゴルフ三昧で楽しむよ!」という方もいると思いますが本当にそうでしょうか?

今までゴルフに一緒に行っていた仲間は職場の方ではありませんか?

仕事を辞めてしまうと、他の仲間の方は仕事をしているためゴルフ三昧なんてできないでしょう。

一緒に定年した仲間も家族がいるためゴルフばかりやっている場合では無いでしょう。

そうした中で、家族を持った同僚は奥さんと仲良く旅行に行ったり、子供や孫から誕生日や記念日をお祝いしてもらったりしながら楽しく過ごしていることを横目に、ゴルフ三昧が本当に幸せなのでしょうか?

今までパートナーを作ることをおろそかにしてしまったのですから自業自得と言われてしまうかもしれませんが、諦めずにあなたが変われば何歳になっても結婚することはできます。

おそらく定年退職まで勤め上げたのですからお金に困っていたり貧乏ということは無いと思いますので、今からでも結婚を希望する男性は、このブログを参考にしていただき早めに婚活を始めていただきたいと思います。

そして老後もパートナーと一緒に幸せに暮らして幸せな人生を手に入れるためには早いうちから準備をすることがおすすめです。

大人の結婚応援サロンでは、60代の方の結婚のお手伝いも積極的にしております。

無料相談も行っておりますので、下記のLINEからお気軽にご相談ください。

それでは、皆様も明るく幸せにおすごしください。

結婚相談所でスムーズに結婚できる男性の特徴!【前編】
こんにちは大人の結婚応援サロン、婚活カウンセラーの川村ひろおです。川村ひろお結婚相談所でサポーターをしていると、スムーズに結婚して成婚退会していく男性となかなか結婚できなくて長い間婚活をしている男性がいます。今回は、皆さ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました