お見合いでお断りされてしまう理由5選【男性編】

お見合い

こんにちは
大人の結婚応援サロン、カウンセラーの川村ひろおです。

お見合いに進んだのですが、それから先の交際までなかなか進めない・・・

お断りされてしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お見合いでは、話も盛り上がったのにお断りされてしまった・・・

楽しかったのにお断りされた理由がわからない・・・

など、そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

カウンセラーを通じてお相手に理由を聞いても、

ホントのことを伝えてくれるとも限らないので分からないことも多いです。

今回は、お見合いでお断りされてしまう理由の5選をお伝えさせていただきますので、今後の参考にしていただきたいと思います。

プロフィールの写真より老けていた

一般的にプロフィール写真と違っていた!と言う話は良く聞く話なので、ここではアラフォー・アラフィフ以上の方の結婚相談所の場合のお話をさせていただきます。

アラフォー・アラフィフの男性で、若い女性を希望している方は注意していただきたいのですが、お見合いのお断わり理由の一つに「会ってみたら老けていた」ということがあります。

若い女性を狙うのであれば、相手の女性に合わせて若さも大切になります。

清潔感のある身だしなみ、引き締まった体、体臭や加齢臭にも気を付けてください。

少し話が逸れますが、言葉づかいにも注意が必要になります。

あなたは謙虚な気持ちで使っているかもしれませんが、お相手の女性から見たらただのおじさんにしか見えなくなってしまいます。

その言葉とは

もう年だから・・・

おじさんだから・・・

若い女性を狙っているのでしたら、自分からおじさんとか年だからとかは言わないでください。

それでは、自らおじさんだから若い女性に合わないと言っていることと同じです。

大変かもしれませんが若い女性には、同じ若さをもってお会いしていただきたくことをおすすめします。

清潔感がない

お見合いの第一印象で書かせないのが「清潔感」です!

清潔感が無ければ、お見合いをクリアーすることも難しくなってしまいます。

服装や身だしなみだけではなく、体臭や加齢臭などの姿勢や臭い、持ち物なども大切になってきます。

また、男性は手に鞄などを持っていると邪魔なので何も持ちたくないという人が多いですが間違っても「手ぶら」でお見合いに望まないでください。

せっかく服装に気をつかっても、パンパンに膨らんだポケットや手ぶらだとだらしなく見えてしまい

それだけでお断りの理由になってしまいます。

できれば、クラッチバックなど小さめの物でかまいませんので、お見合用やデート用のバックを用意することをおススメします。

清潔感を出すためには、女性とお見合いだから清潔感を出そうとしても難しいです・・・日ごろから服装や身だしなみや臭いなど、気をつかってすごすことが大切になります。

話が盛り上がらない

お見合いで会話が盛り上がらないこともお断りの理由になります

結婚をしたらいつも一緒にいる相手になりますので

女性は会話の内容や会話のテンポから結婚生活をイメージしています。

女性にとって会話は、コミュニケーション手段でありとっても大切になります。

ついつい自分の趣味や仕事など得意なことを話過ぎてしまったり、自分の事をアピールするために自分の話しばかりしてしまったりと話すことに注意がいってしまいます。

男性が心がけていただきたいのは「女性の話を聞く姿勢です」

女性は自分の話を聞いてくれる男性や自分の意見に共感してくれる人に好感を持ちやすくなります。

このためには「質問力」を磨いて、相づちやうなづきなどを駆使し、リズムを作ってあげることです。

乱暴に言ったら

女性の話をめちゃくちゃ聞いてあげるつもりで会話をしていただくことをおすすめします。

お見合いや初めの頃のデートは「女性が主人公です!」女性の目線に立って進めるようにしてください。

それでは、お見合いの時にこれだけは話題にしてはいけない話をお伝えさせていただきます。

自慢話・武勇伝が多かった

多く聞くことが

今日は話もたくさんできて相手の女性も良く話を聞いてくれた

とても楽しかったので上手くいったと思います

と男性が言う場合は、残念ながらお断りされるケースが多いです。

自分の自慢話や武勇伝ばかり話してしまうと

あなた自身はとても気分がいいと思いますが

聞いている女性は全然つまらないという状態になってしまいます。

気遣いのできる女性ほど「あなたの話はつまらない」ということを絶対に言いません

まして雰囲気や態度にもだしません!

そして和やかな雰囲気の中でお見合いが終わり、突然「お断り」の連絡が来るのです。

自慢話や武勇伝ばかりを聞かされたり、男性ばかりが話してしまっては女性の気持ちも冷めてしまします。

これからずっとこんな話を聞かされるのかと思われてしまったら結婚相手の候補に残れませんよね。

ネガティブな話

男性からすると気をつかって、自分をへりくだって言っていると思うのですが、女性からすると「暗い」「卑屈」と思われてしまうこともあります。

私なんて・・・

どうせ・・・

でも・・・

このような言葉を使っていませんか?

女性は、結婚をして明るく幸せな生活を考えています。

このようなネガティブな発言ばかりする男性と一緒になって幸せになれますでしょうか?

あなた自身も結婚をして楽しくすごしたいと思っているはずです!

女性は、居心地のいい男性と一緒にいたいと思うものです。

ネガティブな話ばかりする人と一緒にいて居心地がいいと思いますか?

こんな言葉を聞いたら相手の女性はどう思うかな?って相手目線で考えてみるといいかもしれません。

マザコンの話

今日のお見合いの相手は「マザコンみたいなのでお断りします」と言うお話をたまに聞きます。

この話を聞いて「ヒヤリ・・(汗)」とした男性は注意が必要です。

私は、マザコンじゃないから大丈夫と思った方も、母親を大切にしない男性もお断りされてしまいますので気を付けてくださいね。

では、どうしたらマザコンと思われてしまうのでしょうか?

婚活の際にマザコンと思われてしまう男性の特徴に、家事や生活に関して母親に依存しているところが見えてしまうということがあります。

何気ない言葉なのですが

料理の上手な人と結婚したい

家事がうまい人と結婚したい

と言ってしまう男性の裏には

僕のお母さんは料理が上手だった

僕のお母さんは、料理も洗濯も掃除もしてくれた

というニュアンスが含まれています。

また、お母さんの話を必要以上に話してしまうことも注意が必要です。

男性からすると大好きなお母さんの話なので、いくらでも話題に困らないので話がはずんでしまいますが聞いている女性は「この人マザコンかも?」と思っているかもしれません。

お母さんの話をする時は、感謝や好意もふくめてサラッとすることをおすすめします。

奥様は、お母さんじゃないですから、一人の女性として見るようにしてください。

相手の女性に何かを求めるのではなく

「あなたと一緒にいられるだけで幸せ」って思えるのが愛情なのではないでしょうか。

笑顔が少ない

会話をしていて相手の方がムスッとしていたらどんなに楽しい話題も話せなくなってしまいますよね!

会話をする時の話題も相手に会ったものを選ぶ事も大切ですが、あなたの「笑顔」もとっても大切になります。

相手の方が緊張した顔だったり、自信が無さげで下を向いてしまったり、自分の目を見ていなかったりしていたらあなたも話しづらいのではないですか?

なのであなたもお見合いの時は、全力の笑顔で女性の話を聞いてください!

笑顔が少ない男性、笑わない男性は注意が必要です!

「笑顔」は、婚活でも必須条件になりますので、普段から笑顔になれるように自分磨きをしてください。そうすることで女性も話やすくなると思いますよ。

オドオドしてしまい自信がない 

とてもいい人で生理的にうけつけないわけでもないけど、なんか交際したり結婚の対象にならない男性がいます。

女性からすると結婚するからには頼りがいのある男性と一緒になりたいと思う人が多いです。

結婚したら男性が一家の大黒柱になりますので、奥さんや家族を背負うぐらいの覚悟をもっていただきたいと思います。

このため、お見合いでもあまり自信がなさそうな態度や雰囲気を出してしまうとこの人と結婚して大丈夫かしら?

と思われてしまいます。

もちろん自信過剰は良くありませんが

結婚をするならこの女性を絶対に幸せにする!ぐらいの気概をもっていただきたいと思います。

だからって、オラオラ系ではありませんからね。

あなたの気持ちの中に「この女性を絶対に幸せにする」気持ちと覚悟を持っていれば、それが言動や雰囲気に出てきます。

偉そうな態度をしてしまう

男性が思っているよりも女性は、あなたのたくさんのことを見ています。

女性からのお断りの理由であるのが「偉そうな態度だった」「店員さんへのマナーが良くなかった」などの理由によるものもあります。

注文の際、店員さんへ敬語を使わない

相手の話をさえぎってしまう

手や足を組んで座る

大きく足を開いて座る

など偉そうな印象を与えてしまうことは、自分では無意識にやっていて気づかないことがほとんどです。

せっかくあなたが魅力的な男性でも、印象一つで台無しになってしまいます。

女性は、あなたの店員さんや第三者への態度を「将来の自分への態度」として見ていますし「そんな横柄な態度をする男性と一緒に見られたくない」と思っていますので気を付けてください。

お見合いで失敗しないためにも、日ごろから気を付けておくことをおすすめします。

まとめ

お見合いでは、自分では上手く行ったと思っていても、相手の方にとってはそうでない場合も多々あります。

特に男性と女性とでは、感覚が違いますので注意が必要です。

男性で多いのが、女性の前でたくさん話をしてしまい女性も気をつかって、男性の話をだまって聞いている場合「男性は上手くいった」と思っていても女性は「さんざん自慢話をきかされてウンザリだわ」って思っていることが多くあります。

大切なことは、自分が楽しむことばかりではなくお相手の女性が楽しんでくれるかどうかで判断していただきたいと思います。

この時、注意していただきたいのは「あなたが楽しいと思うこと」が「女性が楽しいと思うこと」と違うということです!

このため、お相手の女性がどうしたら楽しんでくれるか、どうしたら喜んでくれるかをじっくり観察をしてお相手の楽しいことを見つけてください。

また、態度や言動についても女性の方がきめ細やかに見ていますので、男性も女性目線で考えていただくことをおすすめします。

ここまでお見合いでお断りされてしまう理由を述べてきましたが、全てあなたの努力で変えることができることばかりです。

いきなりお見合いで上手くしようと思ってもできる事ではありません。

日常から注意して自分磨きをしていただき、次回のお見合いを成功させてくださいね。

それでは、皆様も明るく幸せにすごしてくださいね。

お問い合わせは、メールにてお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました