趣味が同じ人と結婚するのがいいか?

デート

こんにちは
大人の結婚応援サロン、カウンセラーの川村ひろおです。

婚活相談を受けていて「同じ趣味の人」を条件に挙げる方が多いと感じます。

もちろん、同じ趣味であれば共通の話題もあり一緒に楽しむことのできる趣味になりますので、楽しくすごせると思います。

「同じ趣味の人」を希望するのもいいと思いますが、条件にしてしまうとせっかくの出会いのチャンスを狭めてしまう可能性があります。

趣味が合う人がいればいいですが、もっと大切なことがあるのでは?

はじめから気に入った人の趣味が同じならば、それは大変良いことだと思います。

交際が始まってからも、話題やデートの行き先などに迷うこともなく楽しい時間を過ごすことができますよね!

ただ、会員様のお話を聞いたり、お見合いの申し込みをする際にも同じ趣味を持った人が意外に少ないことに気づきます。

そもそも男性と女性で性別が違うだけでも、大幅に趣味が違ってきます!

男性の趣味に多いのが「野球が趣味」という方が多いです。もちろん野球を実際にするのが趣味の人、野球観戦するのが趣味の人、その両方の人などいろいろなパターンがありますが、そもそも野球が好きな女性ってほとんどいないですよね。

女性の趣味で多いのがショッピングがあげられますが、男性って目的をもって買い物に行く人がおおいため、買い物を楽しむ、ウィンドウショッピングをするなど出来ない男性がほとんどです。

このようにいったん婚活や恋愛でないところから離れて考えるのと男性と女性の趣味ってまったく違いますよね!

この時、同じ趣味の方にこだわってしまうと、せっかくその他の条件は合うかもしれない相手を見逃してしまう事になります。

婚活が上手く行っている方の特徴としては「あまり条件を付けない」ということも一つの特徴になります。

このため、趣味が同じ人を条件にしてしまう事は、婚活をする上で得策ではないと思います。

同じ趣味よりもコミュニケーションが大切!

異なる趣味の人とお付合いしたり結婚した場合は上手く行かないのか?

そんなことはありません!趣味の異なるカップルやご夫婦もたくさんいらっしゃいます。

それでは、異なる趣味のカップルはどうしたらいいのか?

ずばり「コミュニケーションをとる」ことです!

具体的には、自分の趣味を自分だけのものにしないでパートナーに積極的に話をして、趣味での出来事を共有していただきたいのです。

男性の趣味がゴルフで、女性はゴルフに興味がないカップルがいたとします。

この時、男性はゴルフから帰ってきたら、その日の出来事や誰と行ったのかゴルフをしてどういう気持ちになったのかなどパートナーにお話ししていただきたいのです。

女性も、興味が無いから聞きたくないなんて言わないで、好きな人の話なのでしっかり聞いていただきたいと思います。

コミュニケーションを取ることで、同じ趣味でなくても二人で気持ちを共有することができます。

また、趣味を共有することで、相手も興味を持ってくれるかもしれません。

押し付けることは良くないですが、コミュニケーションをとり共有することは大切ですよね。

そうしたら、相手も「私もゴルフを始めてみようかな?」って言ってくれるかもしれませんよね。

もちろん、男性も女性の趣味の話をたくさん聞いてあげて下さいね。

趣味に興味がなくても、パートナーが笑顔でイキイキと趣味の話をする姿は見てるだけでも幸せになれると思いますよ。

異なる趣味もパートナーと楽しむことができる!

パートナーと趣味が異なっても、一緒に楽しむ方法もあります。

趣味が、異なっても工夫次第で一緒に楽しむことができます。

実際に私がしていたことですが、参考にしていただけたら幸いです。

私  :スキーが趣味

奥さん:温泉が好き

私は、スキーが趣味だったので、子供に一面雪の世界で遊ばせたいと思っていました。

この時、奥さんは、寒いところが嫌いなため反対していました。

ただし、温泉が趣味でした。

話し合いの結果、温泉付きのスキー場で、私と子供はスキーで遊び

奥さんは温泉でリラックスするといことで納得してもらえました。

これで、私は子供とスキーを楽しみ奥さんは温泉を楽しむことで、お互いに有意義な時間を過ごすことができました。

もちろん帰りの車や家に帰ってからはスキーや温泉の話をお互いにしてコミュニケーションを深めました。

他にも、私が子供と川遊びをしていて奥さんは河原のベンチでお茶を飲みながら読書をしていたりなど、工夫次第で一緒に楽しむこともできますので

自分の趣味にこだわらずパートナーと相談してお二人に合った楽しみ方を見つけてもらいたいと思います。

それでは、皆様も明るく幸せにすごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました