【おじさん必見!】モテるおじさんとモテないおじさんの会話の違いを徹底解説!【前編】

お見合い

こんにちは
大人の結婚応援サロン、婚活サポーターの川村ひろおです。

川村ひろお
川村ひろお

今回は「モテない男性のNGな会話!」についてご説明します。

このポイントを押さえるだけで、緊張せずに女性と会話ができるようになりますし、女性との会話を心から楽しむことができるようになります。

これから「もてない男性の会話」を9つお伝えしますので当てはまるかどうか確認しながら見ていただきたいと思います。

モテないおじさんの会話

婚活をしていると一期一会のためお見合や初デートで印象を悪くしてしまうと次がありません。

女性からこの人と話をしていても「楽しくないな」「つまらないな」って思われてしまったら、会社の同僚なら毎日会うことができるため、その人の良さを知ってもって挽回することもできますが、婚活の場合は一発勝負のため初対面で「一緒にいて楽しくないな」と思われてしまったら次のチャンスは無いんです・・・

だから1回目がめちゃくちゃ大切になります!

いつも女性と一緒にいる時は緊張してしまって頭が真っ白になってしまったり、オドオドしてしまって女性の目を見れなくなってしまったりする男性もいると思いますが、そういう人ってお見合いや初デートで自分の持ってる以上の実力を発揮しようと思ってしまうためめちゃくちゃ緊張してしまったり、頭が真っ白になってしまったりしていると思います。

ただ会話ってそんなに難しいものではなくて、とてもシンプルで単純なんですよね。

今からお話しする会話例に当てはまらないようにすれば、女性から「つまらないな」と思われなくてすみます。

特に会話の苦手な男性は、これを言わなくちゃ、あれしなくちゃとあなたがすることにフォーカスしてしまいますが、大切なのは「しない」ことなんです。

どれだけ女性が「嫌なこと」「不快なこと」をしないようにするかがポイントになります。

アイコンタクトをしない

会話の苦手な男性は女性の目を見て話をすることが苦手の方も多いと思います。

アイコンタクトをする意味は「あなたと積極的に人間関係を築きたい」という気持ちの表れになります。

そもそもあなた自身も目を合わせないで会話をする友達や同僚がいたら「こいつ俺のこと嫌いなのかな?」ってネガティブなイメージをもつと思います。

女性も同じで目を見て会話をしない男性に対しては「私に興味ないのね」「このひと自信が無いな」とマイナスなイメージをもたれてしまい、こうなってしまうとお見合中や初デートの最中に挽回することは難しいでしょう。

緊張するかもしれませんが、女性と会話をする時には女性の目をみて話すようにしてください。

アイコンタクトが苦手な男性に多いのが、同じように緊張してしまい早口で話をしてしまうという方がいらっしゃいます。

早口で話をしてしまうと「何を言っているか分からない・聞き取りづらい」女性も早口につられてしまって「焦ってしまう」という事になってしまいますので、女性と会話をする時には、ゆっくり落ち着いて、アイコンタクトしながら話をするようにしてください。

自分の事ばかり話してしまう(女性に質問しない)

自分の事を知って欲しいという承認欲求高めの男性や、せっかくお見合いで会ったんだから自分の事を伝えたいと思ってしまう男性に多いのですが、会話ってどちらか一方が話続けていては、お互いに知り合うことは出来ないですよね。

このような男性は、それに気づかずに話続けてしまいます。

お相手の女性も大人なので「楽しくないな」って思っていてもニコニコ笑顔で相づちを打ちながら聞いてくれるんです。

そうするとさらに男性は、さらに気を良くして自分の話をどんどんしてしまうんです。

その結果、男性はたくさんしゃべって話を聞いてくれたから、男性自身は女性と会話をして「楽しかった」からまた会いたい気持ちになるのですが、反対に女性は今日初めて会った男性の話をずっと聞かされて楽しいと思うはずがないんです!

このため女性の第一印象は「全然楽しくなかったわ」「もう二度とあの人に会いたくない」と二人のお見合いの感想がまっぷたつに割れてしまいます。

お見合いの時に自分の話ばかりべらべら話してしまい女性にまったく質問をしないで話をしていると「この人、私に興味がないの?」と女性は感じてしまいます。

なぜなら「私に全然質問をしてくれない=私という女性に興味が無い」知ろうとする気持ちが無いんだなと思ってしまい、この人は自分の話をしたいだけで私に興味が無いんだから「もう二度とこの人に会いたくありません」となってしまうことは仕方がないことですよね。

もしあなたが女性と次のステップに進みたいのであれば、自分の話を流ちょうに話すのではなくて、女性に質問をしてその話に耳を傾けるだけで次のステップにつながる可能性がアップするでしょう。

お見合いの場では、自分の話をするのではなく女性の話にしっかりと耳を傾けるようにすることをおススメします。

大人の結婚応援サロンでも話をする割合は「女性7:男性3」がベストとお伝えしています。

相づち・うなづきなどのリアクションが薄い

沈黙にならないようになにか質問をしなきゃと思いたくさん質問をする人がいます。

ここまでは良いのですが、次に何を話そうか?と先の話題を考えてしまいリアクションが薄くなってしまう人が多いです。

たとえば、プロフィールに旅行が好きってありましたけど最近ではどこに行きましたか?と聞いて、女性が「先月に沖縄に行ってきました。海がとってもきれいで沖縄料理もとっても美味しくて、女友達と行ったんですけどすっごく楽しかったんです!」と話してくれたのに、もてないおじさんはその返答にたいして「へぇ~そうなんですね」だけで終了にしてしまうんです。

これって!めちゃくちゃもったいないんですよ!

このように答えてしまう男性が婚活サポーターをしているととても多く感じます。

こういう反応をされてしまうと女性は「楽しくないな」って思ってしまうんです!

なぜなら女性の会話の目的は「感情の交換」と「相手の共感を得たい」ために男性と会話をするっていう目的があるためなんです。

男性が会話をする目的って「情報の交換」をするために会話をしているんですね。

だからそもそも女性が会話する目的と男性が会話する目的は全然違うんです!

それに対してどちらが正しいどちらが間違っているという事ではなくて、男性と女性ではこれだけ会話に対する考え方が違うんだ!という事をお互いに理解していただきたいと思います。

これを踏まえて男性は、男友達と同じように会話をしてしまうと女性は、楽しくなかったり不快に思ってしまうという事を理解した上で、女性に合った対応をする方が婚活も上手くいくということになります。

女性が感情の共有を目的として会話をしていると分かったのであれば、先程の女性の話ですが、沖縄旅行が楽しかったという話の返答であればその感情に共感してあげて

「沖縄旅行いいですよね!」

「沖縄の海もとってもきれいですよね!」

「一緒に旅行に行ける友達がいるなんて素敵ですよね!」

と女性が「何が言いたいか?」という事をくみ取ってあげて、その感情に共感を示してあげるだけで、女性は、この人私が言っていることを理解してくれた、私の気持ちを分かってくれた、っていうふうになるので最終的に「この人と話していると楽しいな」っていう気持ちになってくれます。

このように言葉で伝えると「そんなの簡単だよ!」って思う方も多いのですが、ほとんどの男性が分かっていない場合が多いので、お見合でお断りされてしまったり、初デートでフラれてしまったりしてしまいます。

女性の会話の目的は「感情の共感を得るため」「分かってもらいたい」というポイントだけ押さえるだけで、リアクションだったり女性が話してくれた後の返答の仕方などずいぶん変わってくると思いますので、女性が何のためにあなたに話をしてくれているのか?その意味を踏まえたうえで女性と会話をしていただきたいと思います。

感情表現がない

ドラマやアニメの世界では、クールで無表情な主人公がカッコイイと思うことがあると思いますが、現実の世界でそのキャラが受け入れられるかどうかは難しいところになります。

結婚をしてクールで無表情な人と毎日ずっといっしょにいられるでしょうか?

それよりも笑顔で話しかけてくれる男性の方が一緒に生活をしていて楽しいですよね。

お見合いの時でも笑顔で話してくださいね!と男性にお伝えするのですが、キャラじゃないとかあまり笑うのが得意じゃないという男性もけっこういらっしゃいます。

ただし結婚をするためには、お相手の女性から選ばれなくてはならないため、いくら自分のキャラじゃないといっても女性がうけいれてくれなければ何も始まりませんので、女性目線に立って考えていただくことをおススメします。

また、感情表現が薄い男性の特徴として表情が暗かったり、声のトーンが低いという傾向もあります。

表情が暗かったり、声のトーンが低い男性と話していても、女性は「この人、私に興味あるのかな?」「なんか楽しくなさそう」と感じてしまい積極的に女性も話をしてくれなくなってしまいます。

実際にあなたが女性に興味があって「素敵な女性だな」って思っているのに、その気持ちが女性に伝わっていないことはとても残念ですよね。

無表情で抑揚のない話し方をしてしまっては女性は、あなたと話をしていて楽しいと感じられません。

お見合や初デートでは、ぜひあなたの嬉しい・楽しいなどの感情を表情や言葉で女性に伝えるようにしてください、流ちょうに話せなくたってかまわないんです。

むしろ女性のために一所懸命会話をしてくれている方が好感をもってもらえます。

長くなってしまったので、今回はここまでになります。
つづきは【後編】にてお伝えいたします。

それでは、皆様も明るく幸せにおすごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました