【結婚目前で不安になってしまう時】

交際

こんにちは
大人の結婚応援サロン、カウンセラーの川村ひろおです。

お見合いをし交際を重ねて、そろそろプロポーズをして(されて)成婚目前の方で、不安を覚えてしまう人も少なくありません。

好きな人からプロポーズをされて幸せなはずなのにどうしてでしょうか?

普通に考えたら、お互いに好きになって結婚が目前になっているのでおめでたい事ですが、会員様の中では、不安になってしまう人もいらっしゃいます。

今回は、そんな結婚目前で不安になってしまう時にどうしたらいいかをお話させていただきます。

結婚前に不安になっても当たり前です

人は経験したことのないことや、分からないことに対しては不安をいだくようになっています。

それは、幸せであるはずの結婚についても同じです。

お互いに知らなかった他人同士が一緒に生活するようになり、しかもお互いが初婚同士であれば初めてどうしになりますので、不安になって当たり前です。

結婚に対しては

・お金のこと

・今後の仕事のこと(共働きにするかどうか?)

・もっと自分に合う人がいるのではないか?

・相手ではなく自分に自信が持てなくなってしまった

・子育ての事

・相手の家族と上手く付き合っていけるか

などなど不安の種を考え始めたらきりがありません。

結婚をすると大きく環境も変わりますので、不安を覚えてもしかたありません。

また、相手もあなたと同じように不安をもっているかもしれません。

お互いが初婚の場合、お互いが分からないため不安が大きくなってしまう可能性がありますが、そんな時は、お互いにしっかりと話し合うことをお勧めします。

この時、ただ話し合うのではなく

「あなたと私の将来の幸せのために、本音で話をしましょう」

と前もって伝えてください。

大切なのは

「あなたと私の幸せのために」

ということと

「本音で話す」

こと、それから前もって伝えてから話し合うことです。

前提が無いと

「なんでいきなり話し合わなくてはならないの?」

と不審に思われてしまって本音の話ができません。

そうでないと、自分の意見を言い合うだけになってしまい、本音が言えずにせっかく話し合ったのになんかモヤモヤしてしまう、ということになってしまいます。

話し合ったけど意見がまとまらない・・・

しっかりお互いが話し合ってもまとまらないこともあると思います。

相手はあなたが少しでも結婚を考えた相手です。

中途半端で終わらせてしまっては、これからも同じことを繰り返す可能性があります。

ここは感情的にならずに、後悔しないようにすべてを出し切るようにしてください。

今までの婚活を考えてみてください、今の相手と同じように気が合う人、条件が合う人、話が合う人がいたでしょうか?

結婚を考えられるくらいの人はそんなにたくさんいないことは、あなた自身が良く分かっているはず。

手放すことは簡単なことです!

それよりもホントにこの人ではないのか?

もしかしたら不安になっているだけで、やっぱりこの人がいいのではないか?

よく話し合った上で、しっかりと考えてください。

それでも、不安の方が勝っていて、結婚に踏み出せないようであれば、終わりにすることも一つの手立てになります。

もし、終わりにするのであれば、あなたは貴重な経験をしたのですからこの経験を忘れず、

どうして上手くいかなかったのか?

どうしてもっと早く気付かなかったのか?

などしっかり復習してから、次の交際へ進んでいただきたいと思います。

結婚直前に不安になりやすい人の特徴

環境の変化が苦手な人

人は慣れ親しんだ環境に身をおくことで安心を得られます。

結婚は、住まいが変わり、パートナーと同居し、あなたの役割も変わります。

それに子育てや家事なども加わることを考えると心配になってしまいますよね。

繊細な人は、周りの環境が変わることに敏感で、ましてや結婚をすると大幅に環境がかわりますのでなおさら心配になってしまいます。

心配性の人

結婚をして将来が見えないので心配になってしまう人もいると思います。

結婚後の生活、出産・子育てなど見えないことだらけです。

でも、心配しても未来のことはまったくわかりません。

未来が分からないのはあなただけではないから心配はしなくて大丈夫。

それよりも、

あなたとお相手との今を積み重ねることで未来は良い方向に変えることができます。

何よりも、相談できる素敵な相手があなたのそばにいるのだから、そのお相手にまずはしっかり相談して、不安に思っていることを伝えてみてください。

相手の方もあなたのことを受けとめてくれると思いますよ。

責任感がつよい人

今まで独身で一人のことだけですんでいましたが、結婚をすると責任が増えることも当然ですよね。

結婚をするとお金の負担や、家事・育児の負担、仕事の負担など増えてしまうため、責任感が強い人は負担感じてしまい、結婚を避けようとしてしまうかもしれません。

でも、

思い出してください!

今までは、少ない負担でも一人で背負ってきましたが、これからは負担が増えても二人で背負うことができます。

まずは、二人で負担に思っていることをしっかりと相談することで、あなたの負担も意外に大したことないなって思えると思いますよ。

プレッシャーに弱い人

結婚について完璧な夫や妻になろうと考えていませんか?

プレッシャーを感じてしまう人は「完璧主義」の人が多いのではないでしょうか?

でも、今まで生きてきて完璧なことってありましたか?

あなたの周りで結婚をしている人で完璧な結婚生活を送っている人がいますか?

たぶんいないと思います。

もしかしたら完璧な夫と妻でとても良くできた子供さんがいる家庭の人もいるかもしれませんが、そのような家庭の方があっとうてきに稀です。

完璧な結婚などありませんので、あなたとパートナーで一緒に未来と幸せを積み重ねていくしかありません。

だから

心配しないでパートナーを信じてしっかり話をしてゆっくり進んでいけば大丈夫です。

結婚前に不安になってしまった時の対処法

相手としっかりと対話する

結婚は一人ではできません。

今まで独身で生きていたのでどうしても相手の事を忘れがちで、自分一人で考え込んだり、解決しようと思っていませんか?

結婚することははあなた一人ではなくパートナーがいることを忘れないでください。

だから、不安になったり、モヤモヤしたらパートナーにその不安やモヤモヤをしっかり聞いてもらって、二人で解決するようにしてください。

前にもお話しましたが、その時は、なぜこのような話をするのか?あなたを責めるのではなく二人の幸せな未来のために話し合いたいことをしっかり伝えてから話してみるといいでしょう。

そして原因を明確にして、二人で解決するようにしてください。

あなたが選んだ相手だから信じても大丈夫です!

本音で話し合って不安や問題も解決してくださいね。

相手の気持ちを考える

不安を覚える時、よくあるのが

「この人でいいのかな?」

「もっといい人がいるんじゃないか?」

など相手に対して不安に思っていませんか?

でも、よく考えてみてください!

相手の人もあなたに対して同じような不安を感じているかもしれません。

だから自分が不安を感じたら今までのことを思い出して振り返って下さい。

今まで目の前の相手のような人はいましたか?

結婚を考えられる相手はいましたか?

もう一度、今までのことを振り返って相手の事も考えてあげてください。

あくまでも結婚は二人でするものですから、自分のことばかりでなく相手のことも考えてみてくださいね。

覚悟をもって決断をする

誰も未来のことは分かりません!

だから、将来のことや未来のことを考えてもまったく意味がありませんし、むしろ考えても分からないので不安や心配ばかりが増えてしまいます。

この人と一緒にいて幸せになれるだろうか?

もっといい人がいるんじゃないか?

このことを考えてもまず正解は見えてこないでしょう。

それよりも今あなたが選んだパートナーと

「この人と一緒に幸せになるんだ!」

「この人となら幸せになれる!」

と心に決めて突き進むしかありません。(乱暴な言い方ですいません)

そして未来に不安をいだくよりも

「今どうしたら二人は幸せになれるか?」

を考えるようにしてください。

少なくともあなたの目の前にいるパートナーは、数々の異性の中からあなたが選んだ人なのですから、他の男性や女性よりもあなたに合っていることは間違いありません。

この人と幸せになるために、今何ができるか?

将来の不安を取り除くために何を話せばいいか?

を考えて人生をすごしてください。

運命の人は、あなたが決めた人になります。

自信をもってパートナーと一緒に幸せな結婚生活を歩んでいただきたいと思います。

二人の結婚生活は、他の誰でもないあなたとパートナーが決める事ですからね。

まとめ

将来のことは誰にもわかりませんので、不安になってもしかたありません。

でも、周りを見渡してください!

それでも幸せなご夫婦やご家族はたくさんいます!

どのご夫婦もご家族もいい事ばかりではなく、困難なことや、問題や不安を乗り越えて今の幸せがあります。

あなたもパートナーと一緒に不安や心配事も乗り越えて幸せになって下さい。

結婚前の不安だけでなく、これからもたくさんの不安や心配や困難が立ちはだかりますが、二人なら大丈夫!

あなたとパートナーだけの幸せをつかんでくださいね!

それでは、皆様も明るく幸せにすごしてくださいね。

お問い合わせは、メールにてお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました